*

【お知らせ】l’é. Paulée Nantaiseポスターのご案内

公開日: : 最終更新日:2022/01/17 告知/ニュース, ラシーヌからのお知らせ

l’é. Paulée Nantaiseポスターを販売いたします(チャリティー付き)

 ミシェル・トルメー氏作のナントエリアのヴィニュロン、レストラン、農家を支援するイベント用に描かれたポスターを販売いたします。
4,000円(税込)  ※ 包装代&送料込み(40部限定、先着順)です。
(サイズ:縦680mm ×横480mm)

詳細は下記ページをご覧ください。
https://racinesgoods.theshop.jp/

 なお、ポスターの売上金額は、諸経費を除いた全額を l’é. Paulée Nantaise事務局に寄付いたします。同事務局に集まった寄付金は、ナントの食文化の価値向上のため、ヴィニュロンやレストラン事業者たちの仕事ぶりを伝える動画制作に充てられます。

 

*******************************

《l’é. Paulée Nantaiseについて》

 2016年と2017年の春、フランス全土が霜害に見舞われましたが、特にナントエリアのミュスカデ畑の被害は大きく、生産量は大幅に減少し収入は30%から100%減となりました。
このような危機的状況において、被害にあったヴィニュロンたちを支援するため Restaurant l’U.Ni(レストラン・ルニ)のNicolas Guiniet(二コラ・ギニエ)が、「l’é. Paulée Nantaise」という支援組織を立ち上げました。彼らはイベントを主催し、売り上げの一定額をヴィニュロンに寄付する活動を行いました。

 第1回目のイベントは2017年10月に開催され、30の協力レストランでディナーをすると収益の一部が寄付金となり、大きな成功を収めました。この“連帯組織”は、ナントのヴィニュロンの支援を目的としていますが、ヴィニュロンたちの一年を通じた働きぶりに謝意を表明し、参加するレストランで催される試飲イベントを活気づけ、さらには《ミュスカデの新しい一面を知ってもらう》という好機にもなりました。
「l’é. Paulée Nantaise」は、その後もヴィニュロンだけでなく、ナントエリアのレストランや農家などを支援するイベント活動を続けています。

 2021年の11月には、今度はヴィニュロンたちの方から、コロナ禍で苦しんでいるレストランやヴィニュロン、農家を支援する活動がしたいと「l’é. Paulée Nantaise」に申し出があり、再びボランティアチームが結成されました。コロナ禍を前向きにとらえて前進しようという気持ちを込めて、第4回目のイベントが開催されました。

 今回のポスターは、第4回目のイベント(2021年11月18日~21日)のためにミシェル・トルメー氏が描いた作品です。第4回目のイベントでは、ヴィニュロンの各キュヴェの解説付きで料理とワインのペアリングコースを楽しめ、そのコース価格のうち10ユーロがガストロノミーやナントのヴィニュロン、連帯活動のために寄付されました。
 本支援組織は、このような大々的なイベントを開催するほか、「ワインを飲んでヴィニュロンを支援しよう! 食材を買ってレストランを支援しよう!」をスローガンに掲げ、コロナ禍で閉店を強いられているレストランのテイクアウト食材の購入や、ドメーヌ訪問や自宅へのワインのデリバリーに参加を促すなど、Facebookその他を通じて連帯活動への参加を常に呼びかけています。

l’é. Paulée Nantaise Facebookページ https://www.facebook.com/epaulee.nantaise/


 
PAGE TOP ↑