*

Zurab Topuridze 
ズラブ・トプリゼ

造り手: Zurab Topuridze
ズラブ・トプリゼ
国・地域: Dablatsikhe
ジョージア / グリア / ダブラツィヘ
主要な使用品種: チュハヴェリ(Chkvaveri)
スヒラトゥバニ(Skhilatubani)
ホームページ: https://www.iberieli.com/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ズラブ・トプリゼについて

2002年から祖父の愛した地場品種チュハベリを自家用に栽培・醸造していたが、2010年にトビリシの新酒祭りに出品したところ評判となり、グリア地方東部のダブラツィヘ村の山の中腹に醸造所を設立した。2011年に瓦屋根の本格的なマラニが完成。大小あわせて13基の地元グリアで製造されたクヴェヴリで醸造している(容量500~1100ℓ)。畑の土壌は玄武岩の上に堆積した、酸化鉄の混じる赤味を帯びたローム質土壌。約8haにチュハベリ(樹齢10~20年)、スヒラトゥバニ、ジャニなど約20種類の地場品種を有機農法で栽培している。カヘティ地方の銘醸地として知られるツィナンダリ村にも約5haのブドウ畑を所有し、サペラヴィを栽培・醸造している。本業は世界的石油会社の環境保全部の部長で、ワイン造りはズラブの趣味であり情熱でもある。醸造所名のイベリエリIberieliはコーカサス地方で数千年前からワイン造りを行っていた古代民族で、ズラブの子供達による命名。愛妻家で家族思いの醸造家だ。

グリアについて

黒海に面した産地の一つで亜熱帯性気候。年間降水量は約1500mmを超え、しばしば海からの霧に覆われる。湿気を避ける為の栽培方法として、ブドウ樹を樹木に這わせ、収穫は籠を背負って梯子をかけて行う「マグラリ」式や、背の低い木や支柱を使ったブドウ棚に枝を這わせる「オリヒナリ」式で栽培されていたが、最近はヨーロッパでも一般的な垣根式の「ダブラリ」式が多い。平地の畑と斜面の畑があるが、高品質なワインを産するブドウ畑は水はけと風通しの良い標高200~400mの斜面中腹から上部にある。グリアはソビエト連邦時代はワインの産地として重視されておらず、そのワインは19世紀の文献で賞賛されているが滅多に手に入らない幻の銘酒だった。主要な地場品種は赤のチュハベリ、アラダストゥリ、ジャニ、スヒラトゥバニ。特にチュハベリは果皮が薄く、マセレーション発酵しても淡い色のロゼのようで、しっとりとして味わい深い。

   
 

取扱いワイン

Chkhaveri No Maceration (旧 Chkhaveri Amber)
チュハヴェリ ノー・マセレーション

Chkvaveri Rose
チュハヴェリ ロゼ

Golden Blend
ゴールデン・ブレンド

Chkhaveri Rose Q690
チュハヴェリ ロゼ クヴェヴリ# Q690

Saperavi
サペラヴィ

       

PAGE TOP ↑