*

Ramaz Nikoladze 
 ラマズ・ニコラゼ 

ワイナリー名 Ramaz Nikoladze 
ラマズ・ニコラゼ
創業年 2007年
         
国・地域 イメレティ ・ ジョージア
地区/村 ナフシルゲレ
代表者 Ramaz Nikoladze 
ラマズ・ニコラゼ
畑面積 1 ha
主要品種 ツォリコウリ(Tsolikouri)
平均生産量 1,500~2,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】 
 ニコラゼ家のマラニ(ワイナリーのこと)は、西ジョージアにあるイメレティ地方はナフシルゲレ村にある。標高150メートル、亜熱帯湿潤気候で土壌は重い粘土質。ブドウ畑と屋外にあるマラニは、20世紀初頭にラマズの曽祖父のミナ・ニコラゼ氏が造った。当時のマラニ、ブドウ畑とその他の所有地の総面積は10haあったがソビエトがジョージアを併合した際、そのほとんどが没収され、0.8haだけが残された。2007年、ラマズ・ニコラゼはニコラゼェビス醸造所を設立。その畑で、2種のブドウ(ツィツカ、ツォリコウリ)を栽培している。

 ブドウ畑では、有機農業規格で使用が許される農薬(銅と硫黄)のみを使用。醗酵や保管はクヴェヴリで行われ、その過程で添加物は一切使用しない。醗酵の工程として、ツィツカは果汁のフリーランのみ、ツォリコウリは果汁に種子と果皮も含めて醗酵、マセレーションは2~6ヶ月間行っている。
 
 スローフード運動のサポートとして、ニコラゼは他の10名の小さなオーガニックワインメーカーと共に「クヴェブリワイン協会」を創立し、そのブドウ畑とマラニに対する行動規則は、クヴェヴリワイン協会のマニフェスト(規定)に定められている。彼らの造るワインは、ジョージア(ワインバーVINO Underground)、イタリア(I AM WINE), フランス(Puzelat & Bonhomme), 日本 (RACINES)などで販売されている。

【畑について】
栽培:ビオロジック  
土壌:粘土質        
                                                   
【醸造について】                                                         
醸造:クヴェヴリ
醗酵:クヴェヴリ

   
 

取扱いワイン

       
前の記事:
Gaioz Sopromadze 
次の記事:
Gogita Makaridze

PAGE TOP ↑