*

Ramaz Nikoladze 
 ラマズ・ニコラゼ 

ワイナリー名 Ramaz Nikoladze 
ラマズ・ニコラゼ
創業年 2007年
         
国・地域 イメレティ ・ ジョージア
地区/村 イメレティ ナフシルゲレ村 
代表者 Ramaz Nikoladze 
ラマズ・ニコラゼ
畑面積 1 ha
主要品種 ツォリコウリ(Tsolikouri)
平均生産量 1,500~2,000本/年
生産者プロファイル

20世紀初頭に現当主ラマズ・ニコラゼの曾祖父が約10haの葡萄畑で醸造所を設立したが、ソビエト連邦に没収された。その後は自家消費用の葡萄畑0.8haの収穫を、庭に埋めたクヴェヴリで醸造していた。2004年にラマズがスローフード協会に、ジョージアの伝統的醸造法を守る生産者として紹介されたことがきっかけとなって、2007年に「ニコラゼエビス・マラニNikoladzeebis marani」を設立。イメレティ地方の亜熱帯湿潤気候の重い粘土質土壌で、地場品種のツィツカとツォリコウリ等を栽培している。2010年に有機栽培と伝統的醸造をモットーにするワイン生産者団体「クヴェヴリワイン協会」を同志達と設立。2015年に新たに0.8haの葡萄畑を購入し、それまで屋外にあったマラニを屋内に移した。近年はティエリー・ピュズラなどフランスのヴァン・ナチュールの生産者達と交流が深い。ジョージアのクヴェヴリワイン生産者達の顔役的存在。

   
 

取扱いワイン

Tsitska
ツィツカ

ツィツカ・ナフシルゲレ
Solikouri Nakhshirgele 旧Tsolikouri

Tsolikouri Orkhvi
ツォリコウリ・オルフヴィ

ツィツカ ツォリコウリ

       
前の記事:
Gaioz Sopromadze 
次の記事:
Gogita Makaridze

PAGE TOP ↑