*

Iago Bitarishvili 
 イアゴ・ビタリシュヴィリ 

ワイナリー名 Iago Bitarishvili 
イアゴ・ビタリシュヴィリ
創業年 2003年
         
国・地域 カルトゥリ ・ ジョージア
地区/村 チャルダヒ
代表者 Iago Bitarishvili 
イアゴ・ビタリシュヴィリ
畑面積 2 ha
主要品種 チヌリ(Chinuri)
平均生産量 2,000~3,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】 
 イアゴ・ビタリシュヴィリは、カルトゥリ地方のチャルダヒ村に、樹齢50年以上のブドウ畑と小さなマラニを所有している。ブドウ畑は、ジョージアの歴史的に大変有名な場所であるムフラニ谷にある。イアゴのマラニは、ブドウ畑として、またワインメーカーとしてジョージアで初めてビオ認証を受け、現在約2000本の“イアゴ・ワイン”と名付けられた辛口白ワインが生産されている。

 ワイン造りの全工程がジョージアの伝統的で純粋な方法で造られており、ブドウ品種はジョージアの最良の品種のひとつ‘チヌリ’である。マラニでは15のクヴェヴリ(150Lを3つ、500Lを3つ、2000Lを7つ、3000Lを2つ)を所有し、3世紀も前に造られたこれらのクヴェヴリの中で、ワインが醗酵、醸造される。

【畑について】    
栽培:ビオロジック

【醸造について】                                
醗酵:クヴェヴリ(150L、500L、2000L、3000L)                  
熟成:クヴェヴリ

   
前の記事:
Nikoloz Antadze
次の記事:
Zaza Darsavelidze

PAGE TOP ↑