*

Parlange & Illouz 
パルランジュ・エ・イルーズ

造り手: Jérémie Illouz
ジェレミ・イルーズ
国・地域:
フランス / シュッドウエスト / カオール
主要な使用品種: ジュランソン・ノワール(Jurançon Noir)
マルベック(Malbec)
ホームページ: http://www.terroir-explorer.com/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

パルランジュ・エ・イルーズについて

ジェレミ・ルイーズとポール・パルランジェが2008年、カオールに創設したメゾン。オウナーは、「忘れられたテロワールの潜在力を人々に認識させたい。フランスでは、全てのアペラシオンでグラン・ヴァンを造ることができる」という信念の持ち主。ジェレミとポールは、ロワール、ボルドー、ピュリニー・モンラッシェ、さらにアゼルバイジャン(ジョージア南東の隣国)で経験を積んだ。2011年には6haの自社畑を獲得。マルベックとジュランソン・ノワールを中心に、ビオロジックで栽培。単なるビオロジックにとどまらず“動物を介入させた多角農法”を標榜し、アグロセールの認証も取得した。マルベックは1975年植樹の貴重な古木も多い。畑は全てセラーから半径1km以内。発酵は野生酵母のみで、熟成には木樽とコンクリート・タンクを併用。「マルベックという品種が表現する、他のどこにもないニュアンスに魅了されて選んだ土地、カオール。そのテロワールの偉大さを伝えたい」と邁進している。

カオールについて

古くから通称「黒ワイン」と呼ばれる、濃厚なワインの産地として知られるエリア。ボルドーからほぼ真東に150kmほど離れた内陸部にあり、夏はより乾燥し暖かい。それゆえ産するワインは、ボルドーの典型的な赤よりはテクスチュアが幾らか粗いが、豊かで活気がある。カオールの名声は12世紀には既に高く、当時からイギリスに大量に輸出され、ボルドーと競合するほどの人気を博していた。また、歴代フランス国王にも愛され、ルネサンス文化を推奨したフランソワⅠ世は、パリ近郊のフォンテーヌブロー宮殿でカオールのブドウ品種を栽培させた。AOCカオールはマルベック70%以上。補助品種はメルロとタナのみ。ジュランソン・ノワールは1996年以降、AOCワインには使用不可となる。マルベックはこの地方名で、コットと呼ばれることが多い。

シュッドウエストについて

フランス南西部。ボルドーのジロンド河の上流となるガロンヌ河沿岸から、大西洋岸のフレンチ・バスク地方、ピレネー山脈、ガスコーニュ地方、トゥールーズ近辺まで。広大な範囲にブドウ畑が点在する地域。温暖多雨なバスク地方から、少雨で乾燥した内陸部まで、テロワールは多岐に渡る。主なAOCは、ボルドーのすぐ東のベルジュラック、ガロンヌ河の支流となるロット河支流に広がるカオール。ユニークな固有品種モーザックやデュラスなどが活躍する、AOCガイヤック。固有品種フェール・セルヴァドゥーで注目される、AOCマルシヤック。強壮さで知られる、AOCマディラン。クリスピーなクールビュ品種が活躍するAOCイルレギーなど。ジャンシス・ロビンソンは、ピレネー山脈の急斜面で生まれる風味の強い白、ジュランソンを「フランスで最も際立った白のひとつ」とし、マルシヤックのフェール・セルヴァドゥーを、「胡椒のような風味を持ち、背筋がゾクゾクするほどこたえられない品種」と高く評価している。

   
 

取扱いワイン

VdF - La Pièce
ラ・ピエス

Cahors - Haute Pièce
カオール オート・ピエス

VdF – Cajolle
カジョール



       

PAGE TOP ↑