*

Clos de la Bonnette 
 クロ・ド・ラ・ボネット 

ワイナリー名 Clos de la Bonnette 
クロ・ド・ラ・ボネット
創業年 1999年
         
国・地域 フランス ・ ローヌ
地区/村 コンドリュ―
代表者 Henry Guiller-Montabonnet
アンリ―・グイエ=モンタボネ
畑面積 2.5 ha
主要品種 ヴィオニエ(Viognier)
平均生産量 6,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 1970年代からコンドリューの地で有機栽培農業を営んできたアンリ―・グイエ=モンタボネは1990年代に町の北西で土地を購入した。数百年前からブドウ畑として利用されていたテラス式の畑とそれを支える石壁を利用しヴィオニエの栽培を始めた。過酷な労働が強いられるコンドリューの畑の多くは、特に第1次世界大戦後から徐々に放置されるようになり、90年代にグイエ=モンタボネが畑を購入したときには木が生い茂る半ば林の状態だった。1999年から12年かけて1.5haのブドウ畑を開墾、苗を植え続け、ファースト・ヴィンテッジを2009年にリリース。幸いにも戦後から今にわたり、人の介入がなかった土地であるため、化学薬品を一切知らないこの土地で生まれたてのヴィオニエを有機栽培で育てている。あまりの急な斜面のため「コンドリューの畑で有機栽培をしているのはClos de la Bonnetteぐらいだ」といわれている。
 また、酸化防止剤は瓶詰めまで非使用。ピエール・フリックの醸造技術に高い関心を持ち、年々使用量を減らす努力をしています。 

【畑について】
栽培:ビオロジック
認証機関:AB 

【醸造について】
圧縮:垂直型プレス
醗酵:ステンレスタンク、オーク樽
熟成:ステンレスタンク、オーク樽

   
 

取扱いワイン

       
前の記事:
Pierre Frick
次の記事:
Domaine Chapoton

PAGE TOP ↑