*

Clos de la Bonnette 
 クロ・ド・ラ・ボネット 

ワイナリー名 Clos de la Bonnette 
クロ・ド・ラ・ボネット
創業年 1999年
         
国・地域 フランス ・ ローヌ
地区/村 コンドリュ―
代表者 Henry Guiller-Montabonnet
アンリ―・グイエ=モンタボネ
畑面積 2.5 ha
主要品種 ヴィオニエ(Viognier)
平均生産量 6,000本/年
生産者プロファイル

コンドリュー村であまりの急斜面のため第一次世界大戦後、耕作放棄されていた畑を、1970年代からこの地で有機栽培農業を営んでいたアンリ・グイエ=モンタボネが購入。取得した1990年代には木々が生い茂り、半ば林のようだった土地を開墾した畑は当然、化学肥料や農薬とは無縁であった。標高330m前後、2.5haの畑の大半はヴィオニエ。2016年から借地の畑で、コート・ロティの生産も開始した。アルザスのピエール・フリックの醸造技術にも学び、亜硫酸添加量の低減にも尽力する。ヴィオニエは発酵前に約10℃に冷却。アルコール発酵は、果汁の約2/3をフランス産オーク樽内、1/3をステンレス・タンクで行う。その結果、コンドリューらしい力強さを持ちつつも、滑らかな口当たりと、重々しさのないニュアンスをそなえる、ちなみにAOC域の大半が厳しい急斜面となるこの村では、この生産者が実質的に唯一の有機栽培農家だと地元でも評価されている。(AB認証保持)。

   
 

取扱いワイン

Condrieu
コンドリュー

Condrieu Les Roches d’Arbuel
レ・ロッシュ・ダルビュエル

Condrieu Legende Bonnetta
レジャンド・ボネッタ

Côte-rôtie Prenelle
コート・ロティ プルネル

       
前の記事:
Pierre Frick
次の記事:
Domaine Chapoton

PAGE TOP ↑