*

Domaine des Croix 
 ドメーヌ・デ・クロワ 

ワイナリー名 Domaine des Croix 
ドメーヌ・デ・クロワ
創業年 2005年
         
国・地域 フランス ・ ブルゴーニュ
地区/村 ボーヌ
代表者 David Croix 
ダヴィッド・クロワ
畑面積 5 ha
主要品種 ピノ・ノワール (Pinot Noir)
平均生産量 25,000~30,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 ダヴィッド・クロワは1978年生まれ。ロワールのトゥール出身。2年間、地元で醸造を学んだ後、ディジョンのブルゴーニュ大学醸造学部に入学。2001年に国家醸造家のディプロマを取得し、現在ではブルゴーニュ・ワイン界の次世代を担う重要生産者と目されている。
 その天性の資質は、コント・アルマンでの研修時代の頃にすでに発揮され、ベッキー・ヴァッサーマンがいち早くそれを認め、2001年23歳の時に「メゾン・カミーユ・ジルー」の醸造責任者に抜擢される。それから2年後、ダヴィッドはボーヌのドメーヌ・デュシェが売りに出ることを聞きつける。当初はカミーユ・ジルーの自社畑にしようと考えていたが、やがてこの良質な5haの畑は売却され、アメリカの小さな投資家グループが2005年初めに購入した。彼らはオーナーにダヴィッド・クロワを任命し、2005年、「ドメーヌ・デ・クロワ」が誕生した。
 2007年、場所が離れているためポマールの畑を売り代わりにアロース・コルトンやグラン・クリュのコルトンが増えた結果、現在ドメーヌの規模は6.4ha。11の異なるアペラシオンを造っている。栽培では除草剤、殺虫剤、防黴剤の散布はせず、銅と硫黄だけを使用した事実上のビオロジック。醸造はブドウの状態により少量の亜硫酸を加えた後は、ビン詰めまで何も添加しない。樽熟成の新樽率は、村名で10~15%、プルミエ・クリュで15~20%、コルトンで20~30%と全体的に低い。

 【畑について】
土壌:粘土石灰質、下層土は沖積土
栽培:ビオロジック
堆肥:オーガニック(ビオ農法で飼育された牛の堆肥)

【醸造について】
圧搾:空気圧式プレス
醗酵:木樽、コンクリートタンク、ステンレスタンク
熟成:木樽(228L)

   
前の記事:
Maison Camille Giroud
次の記事:
David Moreau / S.C.E.A Jean Moreau

PAGE TOP ↑