*

Emmanuel Brochet 
 エマニュエル・ブロシェ 

ワイナリー名 Emmanuel Brochet 
エマニュエル・ブロシェ
創業年 1997年
         
国・地域 フランス ・ シャンパーニュ
地区/村 ヴィレール=オー=ヌー
代表者 Emmanuel Brochet 
エマニュエル・ブロシェ
畑面積 2.5 ha
主要品種 ピノ・ムニエ(Pinot Meunier)
シャルドネ (Chardonnay)
ピノ・ノワール (Pinot Noir)
平均生産量 7,000~11,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】 
 エマニュエル・ブロシェは自分自身のワインを造るため、1997年にモンターニュ・ド・ランスの西、ヴィレール=オー=ヌーに居を構える。2002年に醸造を開始し、以来ブドウ畑における仕事とワイン造りに熱中したこの若きヴィニュロンは、ドメーヌを継ぐとすぐに環境に配慮した実用的な栽培への転換を行い、限られた人向けのワイン造りに取り組んでいる。母から相続した2.5haの単一区画“ル・モン・ブノワ プルミエール・クリュ”のみを所有。畑は南東向き、泥の多い粘土・石灰質土壌はワインにフィネスとミネラル分をもたらす。最も古いブドウ樹は1962年植樹のもので、シャルドネ、ピノ・ムニエ、ピノ・ノワールを栽培している。より良いワイン造りに必ずしもオーガニックな栽培が必要だと考えているのではなく、土やブドウを思った結果にこの栽培があると考えている。

【畑について】
土壌:粘土石灰質
栽培:ビオロジック
認証機関:エコセール(2011年)
堆肥:2008年から家畜の糞をベースに自作。年一回は多過ぎると判断したため、3年に一度くらいを目安に行っている。

 【醸造について】
圧搾:古典的な垂直式(2,000L)
醗酵:木樽(228L、600L)
熟成:木樽(228L、600L)
228Lは毎年5%新樽。Vin de Réserveには小さなステンレスタンクを使用。

   
前の記事:
Benoît Lahaye 
次の記事:
Fleury

PAGE TOP ↑