*

Vouette et Sorbée
 ヴェット・エ・ソルベ 

ワイナリー名 Vouette et Sorbée
ヴェット・エ・ソルベ
創業年 1986年
         
国・地域 コート・デ・バール ・ フランス ・ シャンパーニュ
地区/村 オーブ
代表者 Bertrand Gautherot
ベルトラン・ゴトロ
畑面積 4 ha
主要品種 シャルドネ (Chardonnay)
ピノ・ノワール (Pinot Noir)
平均生産量 25,000本/年
生産者プロファイル

平均収量は20~25hl/haで1本の枝に1房のみしかない。つまり通常のシャンパーニュの収量の1/5~1/7という徹底した品質主義が畑で貫徹される。したがってそのワインは、超越的なまでに高貴な奥行きと、エレガンスの底にまばゆい精神性をたたえる。ドメーヌを興したジャン・ゴトローは、ジャック・セロスで栽培醸造を学び、今でもアンセルムとの親交が深い。代々のブドウ農家だった父から畑を受け継いだ直後に有機農法に転換したにもかかわらず、土壌から残留化学肥料や農薬が抜け、理想のブドウが得られるまで9年間も、自らの名でのシャンパーニュ・リリースを見送り続けたという妥協しない真摯さが、ベルトランの真骨頂である。1998年にビオディナミ転換し(認証あり)初リリースは2001年。畑はオーブ県、ピュシエール・シュル・アルス村に4haのみ。うち3haがキメリジアン土壌、1haのポートランド階にはピノ・ファン(ピノ・ノワールのクローンで、果皮が厚く果粒が小さい)を植える。年産総本数10,000本。

   
前の記事:
Richard Cheurlin
次の記事:
Alain Robert

PAGE TOP ↑