*

Ulysse Collin
 ユリス・コラン 

ワイナリー名 Ulysse Collin
ユリス・コラン
創業年 2003年
         
国・地域 コート・デ・ブラン ・ フランス ・ シャンパーニュ
地区/村 コンジィ
代表者 Olivier Collin
オリヴィエ・コラン
畑面積 8.7 ha
主要品種 シャルドネ (Chardonnay)
平均生産量 42,000本/年
生産者プロファイル

アンセロム・セロスに就いて栽培と醸造を学び、2004年に自社醸造を開始。家系に代々受け継がれた畑は、コート・デ・ブランに典型的な南向き斜面で、粘土の浅い表土の下に、石英と火打ち石が混じる柔らかな白亜層土壌が広がる。肥料はビオロジック認証(AB)品のみを使用。一次発酵は野生酵母のみを用い、全て小樽。発酵、熟成とも350Lと225L以外に、112L樽も併用する。ドザージュも、多くのキュヴェでゼロ、上限も2.5g/Lにとどめるのは「土壌に含まれる塩味の風味を表現するため」そのシャンパーニュは卓越した熟成力を誇り、例えば2010年のレ・ザンフェールは、瓶内熟成48ヶ月、60ヶ月、72ヶ月のロットを、3年かけて各500本のみリリースするという意欲的な試みも行う。純粋なエキス分を湛え、優美でしなやかなスタイルは、ブラン・ド・ブラン、ブラン・ド・ノワールの双方を通底する。近年、リザーブワイン比率が高いのも、一貫したコラン・スタイルの醸成に一役買っている。

   
 

取扱いワイン

       
次の記事:
Champagne Pascal Mazet

PAGE TOP ↑