*

Trinchero
トリンケーロ

造り手: Ezio Trinchero 
エツィオ・トリンケーロ
国・地域: Agliano Terme
イタリア / ピエモンテ / アスティ / アリアーノ・テルメ
主要な使用品種: ドルチェット(Dolcetto)
マルヴァジーア(Malvasia)
バルベーラ (Barbera)
ホームページ: なし
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

トリンケーロについて

ピエモンテのナチュラルワインの先駆といえる造り手の一人。トリンケーロ家が誇る長い歴史は1925年、アスティ県でのバルベーラの生産開始に遡る。現当主エツィオは、かつて約50ha所有していた畑を「家族経営で自ら完璧に畑の世話ができる規模にするため」13 haに縮小した勇気と決断力のある情熱家。残した畑には、1925年植樹で「アスティの宝石」とも言われるクリュ「ヴィーニャ・デル・ノーチェ」なども含まれる。トリンケーロの代名詞でもあるバルベーラはいずれも長期発酵、大樽での長期熟成によるしっかりした密度と多層性ある味わいで、20年以上も深みと気品ある表現力を増し続ける。4種類のバルベーラ以外に、エツィオの父が残したアルネイス、マルヴァジーアを始め10種類近い品種を栽培。ちなみに辛辣さで知られるワイン批評家、マット・クレイマーは「全てのピエモンテ産ワインの中で、何よりの好みはバルベーラ酒である」と語っている。もともと酸の高いバルベーラは、果実の成熟をかなり待っても、なかなか酸が落ちず、逆に言えエツィオの造るバルベーラには、持ち味の酸を優美に柔らげるため、長期熟成が不可欠である。

アスティについて

アスティ県は、バルバレスコの北東に位置する。その最重要DOCGワインは、バルベーラ・ダスティとモスカート・ダスティ(およびアスティ・スプマンテ)である。この地のバルベーラは、今ではピエモンテの2番目の最も輝かしい赤ブドウとして、また最も現代風なブドウとして論議の的となっている。総じて酸が高いイタリア赤ワイン品種の中でも、バルベーラ種は抜きんでて酸が高いという特徴があるが、一般的にはバルベーラ・ダスティとバルベーラ・ダルバ(ランゲ地区産)の味わいの差は、果実味豊かでパワフルなバルベーラ・ダルバに対し、バルベーラ・ダスティは酸が際立ちエレガントと言われる。白ブドウのモスカートからは、微発泡性で甘口の、マスカットブドウの最も祝福された典型と言える優れたモスカート・ダスティが生まれる。このワインには、他のどのワインよりもアルコールが少ない(5%前後 )個性を持つ。大半のモスカート・ダスティはシャルマー方式で生まれる。

ピエモンテについて

イタリア北西部、アルプス山脈の南麓で、フランスと国境を接する州。面積はシチリアに続いてイタリア第2位。ワイン生産量は7位だが、その品質、多様性、独創性についてイタリアの首座にあると自負する州。DOCGは16、DOCは42にも達する。その心臓部は、州南部のバローロとバルバレスコ以外にも多くの地域で多彩なワインを生む。その筆頭は北部で繊細なネッビオーロを生むガッティナーラとゲンメの両DOCG。南東部アスティ地方では広く知られるバルベーラ、モスカート・ビアンコのスパークリング以外にも、ドルチェットやグリニョリーノも重要品種。南部のガーヴィ/コルテーゼ・ディ・ガーヴィDOCGの優美な白も、近年は本来の輝きを取り戻している。白では、バローロの北隣、ロエーロ地区のロエーロ・アルネイスも安定した人気を確立した。さらに近年では、アスティ県周辺の高標高地区、アルタ・ランガDOCGでの瓶内二次発酵ワインの生産も活況を呈し始めている。

   

PAGE TOP ↑