*

Trevisiol
 トレヴィジオール 

ワイナリー名 Trevisiol
トレヴィジオール
創業年 1934年
         
国・地域 ヴェネト ・ イタリア
地区/村 プロセッコ/ヴァルドッビアーディネ
代表者 Paolo Trevisiol
パオロ・トレヴィジオール
畑面積 13 ha
主要品種 グレーラ(Glera)
平均生産量 250,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 ワイナリーは1934年に設立。パオロの父は、この地方で初めて発泡酒プロセッコの造り方を確立した人物(注:一般にはカルペネ・マルヴォルティという大手ワイナリーがその製法を確立した、ということになっている)。

 家族経営のワイナリーで、オーナー/ワインメーカー/アグロノミストはすべて現当主のパオロ・トレヴィジオールで、雇われコンサルタントはいない。3世代目で現在44歳(2004年)。父のルイジもまだ現役、ワイナリーで働いている。パオロはブドウ栽培と経済学を収めた人物。経済学はワイナリー経営のため。ワイン造りやブドウ栽培は父から学んだ。パオロは節度・分別のある人で、他の生産者のように、マーケティングに血道を上げず、ブドウを提供してくれる栽培農家と良い関係を築き、続けることに注力している。あらゆるディテールにこだわり、高品質なワイン造りを目指している。情熱を持ち、信頼に足る人柄。

 ブドウ栽培・ワイン造りの哲学は、「出来る限り伝統的に」すること。今日のプロセッコは、安くて味の薄い「商業的」スパークリング・ワインになっているが、トレヴィジオールは、この地方の伝統的なスタイルのワイン、現在主流のプロセッコよりももっとストラクチャーのあるワインを造っている。

栽培品種はプロセッコのみで、ブレンド用の他品種は用いない。
 自社畑面積はヴァルドッビアーデネとコッラルトに合計12-13haのブドウ畑を保有。その他、長い付き合いの栽培農家からもブドウを買っている。植樹本数はヘクタールあたり3000本。収量はさまざまだが、平均して樹1本につき2-3キロ。よって、ヘクタールあたり 6-9トン(法定上限12トン)。ヘクトリットル換算で42-63ヘクトリットル(搾汁率を70%としたとき)。畑の標高はヴァルドッビアーデネが400メートル、コッラルトが150メートル。畑の方位はヴァルドッビアーデネが南向き、コッラルトが南西向き。傾斜は、ヴァルドッビアーデネは急斜面、コッラルトはなだらなか傾斜地。仕立てはカプチーナという伝統的なもの。・グリーン・ハーヴェストを行う年もある(年によってさまざま)。樹齢は20-50年まで様々だが、平均すると30年ぐらい。手収穫のみ。機械収穫は行わない。

 ストラクチャーを備えたワインを造る上で重要なのは、「高品質のブドウを畑で得ること」。収量を低く抑え、過熟でも未熟でもないブドウを摘む事(16-17ブリックス。プロセッコの平均は14-16ブリックス程度なので、少し高めの糖度では摘んでいます)、丁寧かつ献身的にブドウ栽培を行うこと。

【畑について】
栽培:いわゆるリュット・レゾネで化学肥料や農薬の使用は最小限に抑える。プロセッコは湿度が高く雨の多いエリアなので、完全なオーガニックは難しい。
土壌:粘土と石灰質が混じり合った土壌。ヴァルドッビアーデネは石灰質が比較的多く、コッラルトは粘土が比較的多い。

【醸造について】
圧搾:空気圧式プレス クリオ・マチェラツィオーネ(スキン・コンタクトの変形のような技術)は行わない。
醗酵:一次発酵は、ステンレスタンクおよびコンクリートタンク。二次発酵は、シャルマ法で用いられる加圧式の専用ステンレスタンク(アウトクラーヴェ)にて。
熟成:出来るだけ長くシュール・リーの状態で熟成させ、ワインにストラクチャーを与える。シャルマ・メソッド。
瓶詰め前には軽くろ過。

   
前の記事:
Principiano Ferdinando
次の記事:
Cascina Fontana

PAGE TOP ↑