*

Salvatore Molettieri
サルヴァトーレ・モレッティエーリ

造り手: Giovanni Molettieri 
ジョヴァンニ・モレッティエーリ
国・地域: Montemarano
イタリア / カンパーニャ / タウラージ / モンテマラーノ
主要な使用品種: アリアニコ(Aglianico)
グレコ(Greco)
フィアーノ(Fiano)
ホームページ: http://www.salvatoremolettieri.com/index.php/en/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

サルヴァトーレ・モレッティエーリについて

 敬意と共に「南のバローロ」と称賛される、カンパーニャ州DOCGの帝王格、タウラージの生産者。ナポリから西に約50kmの内陸で、人を拒絶するかのような急峻な山岳地帯、アヴェリーノ県に広がるタウラージDOCG。その中でも歴史的に最上と畏敬される2つの区画のうちの一つ、モンテマラーノの土壌が育むアリアニコが生産の中心。火山性土壌と、石灰質土壌の混在する地域で、区画やブドウの樹齢の違いによる、値の張り方によって、ワインの性格は大きく変わる。サルヴァトーレ・モレッティエーリがこの地を取得したのは1983年。生産する赤ワインは全て同区画(チンクエ・クエルチェ)のアリアニコ100%だが、樹齢の差によりタウラージ・リセルヴァからIGTイルピーニャ・アリアニコまでを区分する。タウラージは、イタリア南部随一の高貴品種アリアニコの傑作であるが、高い酸と多量のフェノール類、エキス分を持ち、リリース直後は近寄りがたいほどの厳格さを持つ。しかし10年近くの熟成により、バラのドライフラワーなど、華麗で官能的なアロマと、深遠かつ長大な余韻という、古典的アリアニコの偉大な特性を見事に表現する。

カンパーニャについて

南イタリアの中心州。州都は活火山ヴェスヴィウス山を臨むナポリ。このヴェスヴィウス山などがもたらした火山性土壌が古来より卓越したワインを育む要素とされた。特に古代ローマ人はファレルヌム、アッヴェリーノといったこの地のワインを讃えていた。1993年、南イタリアで最初のDOCGとなったワイン、タウラージも州内陸の急峻な山地、アッヴェリーノ県の産。同県は、際立って格調高い酸とミネラルを持つ二種の白のDOCG、フィアーノ・ディ・アッヴェリーノ、グレーコ・ディ・トゥーフォも産し、こちらも見逃せない。またこの州は、明快な個性を持つ固有品種のヴァリエーションでも注目すべき州。南イタリア・赤品種の王様格で、タウラージを生むアリアニコ以外にもビアンコレッラ(Biancolella)、ファランギーナ、ピエーディロッソ(Piedirosso)、パラグレッロ・ネーロ、グラニャーノなど。多彩で特徴的な品種への着眼と研究が進み、さらなる活況を州のワインに加えている。

   
 

取扱いワイン

Fiano di Avellino
フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ

Greco di Tufo
グレコ・ディ・トゥーフォ

Irpinia Aglianico - Cinque Querce
イルピーニア アリアニコ チンクエ・クエルチェ

Irpinia Campi Taurasini - Cinque Querce
イルピーニア カンピ・タウラジーニ チンクエ・クエルチェ

Taurasi – Vigna Cinque Querce
タウラージ ヴィーニャ・チンクエ・クエルチェ

Taurasi Riserva - Vigna Cinque Querce
タウラージ・リゼルヴァ ヴィーニャ・チンクエ・クエルチェ



       

PAGE TOP ↑