*

Richard Cheurlin
 リシャール・シュルラン 

ワイナリー名 Richard Cheurlin
リシャール・シュルラン
創業年 1978年
         
国・地域 コート・デ・バール ・ フランス ・ シャンパーニュ
地区/村 オーブ/セル=シュル=ウルス
代表者 Richard Cheurlin
リシャール・シュルラン
畑面積 8.5 ha
主要品種 シャルドネ (Chardonnay)
ピノ・ノワール (Pinot Noir)
平均生産量 70,000本/年
生産者プロファイル

1919年より自社醸造に取り組む歴史あるRM。セル・シュル・ウルス地区のなだらかな南向き斜面を占める畑は、エリア内でも際立った日照に恵まれる好立地。この地はマルヌ県よりは標高がやや高く、土壌中の石灰比率が少なく、粘土の比率が高まるため、ピノ・ノワールが多く栽培される。この地方では同じ区画の中でも、畝によって小石がちになったり、赤土がちになったりと、畝ごとの土壌キャラクターが異なるため、一次発酵は計12の畝ごとに少量ずつ醸造を行う。現在も圧搾は伝統的な木製垂直プレスを使用。動瓶も手作業で行う。また、最も廉価な「ブリュット カルト・ノワール」でも樹齢は30年以上(2018年現在)、「ブリュット カルト・ドール」も1970年代植樹の古木産ブドウを贅沢にブレンドする。その結果、集中力ある香りと、緊張感と豊かな広がりが美しく共存する味わいは、非常に良心的な価格からの予想を痛快なまでに裏切る。

   
 

取扱いワイン

       
前の記事:
Champagne Pascal Mazet
次の記事:
Vouette et Sorbée

PAGE TOP ↑