*

Richard Cheurlin
 リシャール・シュルラン 

ワイナリー名 Richard Cheurlin
リシャール・シュルラン
創業年 1978年
         
国・地域 フランス ・ シャンパーニュ
地区/村 オーブ/セル=シュル=ウルス
代表者 Richard Cheurlin
リシャール・シュルラン
畑面積 8.5 ha
主要品種 シャルドネ (Chardonnay)
ピノ・ノワール (Pinot Noir)
平均生産量 70,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 リシャールで5代目になるブドウ栽培農家で、1919年より自家でシャンパーニュを造り始めた。コトー・ド・ルルスに位置するセル・シュル・ウルスは、畑は南斜面にあり、きわだった日照に恵まれ、晴天は年間200日以上に及ぶ。マルヌ県より標高が高く、春に遅霜禍に遭いやすいため、シャルドネより開花が遅いピノ・ノワールの方が育てやすい。また、この地区ではマルヌやコート・ド・ブランに比べて石灰質が少ない土壌(シュルランでは40%が粘土混じりの石灰岩土壌)で、日照が少ない年にはシャルドネは、酸が突出した味わいになるため、ピノ・ノワールが多く栽培されている。
 現在、創業当初の4倍の面積にまで広がったワイナリーで活躍するリシャールは、農薬を使わない「ヴィティキュルテール・レゾネ(周到な栽培、の意味)」を実践し伝統的な製法を守りながらクオリティの高いワイン造りを実践している。いずれのキュヴェも香りに集中力があり、内側に緊張する力と広がる力のバランスがとれ、軽やかで上品な味わいで、この価格帯のシャンパーニュのなかでは明らかなクラスの差を感じさせてくれる。とりわけフィネスにあふれるキュヴェ・H・ミレジムとキュヴェ・ジャンヌは長く熟成させて楽しんでほしい、とはリシャールの言葉。

出会い:
 1999年秋、シャンパーニュの優れたレコルタン・マニピュラン探索行の最後に、オーブ県を訪ねました。その折もっとも印象に残ったシャンパーニュの作り手リシャール・シュルランに取引をお願いしてまいりましたが、念願かないこのたびやっとご紹介できることになりました。リシャールは1978年よりシャンパーニュ作りを始めました。11月の末、外は小雪まじりの寒い日だったのですが、畑から戻ったばかりのリシャールは日焼けした顔に大粒の汗をかきながら、熱心にワイン作りについて語ってくれました。最初のキュヴェを一口味わって、リシャールが才能あふれる造り手であることすぐに確信しました。 その言葉のはしはしにもワインと同じく、純良な魂と温かい人柄が感じられ、ついにオーブ最良のシャンパーニュに巡りあったとの思いを強くしました。(合田泰子)

 【畑について】
栽培:ヴィティキュルテュール・レゾネ。栽培はできるだけ自然に行い、この10年間農薬を使っていない。
土壌:キメリジアン階とポートランド階の石灰石、粘土まじりの土質 

【醸造について】
圧搾:伝統的な木製の垂直型プレス機
醗酵:ステンレスタンク、オーク樽
熟成:ステンレスタンク、オーク樽

   
前の記事:
Pascal Mazet
次の記事:
Vouette et Sorbée

PAGE TOP ↑