*

Quinta da Serradinha
キンタ・ダ・セッラディーニャ

造り手: António Marques da Cruz
アントニオ・マルケシュ・ダ・クルス
国・地域: Encostas d’Aire 
ポルトガル / リシュボア / エンコシュタシュ・ダイレ
主要な使用品種: カシュテラン(Castelão)
トゥリガ・ナシオナル(Touriga-Nacional)
ティンタ・ミウダ(Tinta-Miuda)
バガ(Baga)
ホームページ: www.quintadaserradinha.com/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

キンタ・ダ・セッラディーニャについて

ラシーヌがポルトガルワインの取り扱いの決め手ともなった、アントニオ・マルケシュ・ダ・クルスの赤ワイン。現在アントニオが管理している2.5haの畑は、彼の祖父と父によって植えられたもの。父は1976年からすでに、ビオロジック栽培で手入れをしていた。認証取得は1994年で、ポルトガルで初めてのビオ認証を交付だった。アントニオ自身は経済学を学び、ワインとは全く別の業界で働いていた。しかし、父親が造ったセッラディーニャ1989年を飲んだときに、初めてワインの奥深さを感じたと、アントニオは言う。“ワインは感情に訴えかけるものだ”、と。そして、プロとしてワイン造りをしようと真剣に考えだした。彼の父親は、ボルドースタイルの体躯の大きいワインを好んで造っており、それに合わせてセラーを拡張し、近代的な醸造設備をそろえた。しかし、アントニオはそれらの設備を全て廃し、祖父の造っていたような、酸を活かしたスリムな味わいのする、地域に根差したワイン造りを再開する。各ボトルには、ビオロジック栽培の畑に生息するテントウムシをかたどったものが、カプセルの代わりにコルクの上に象徴的に張り付けられている。

リシュボアについて

このユーラシア大陸最西端のワイン生産地域は、「エストレマドゥーラ」とながらく呼ばれていたが、2010年にワイン生産地域が再編成されて「リシュボア」と改称され、9つのDOCに分かれている。協同組合が大規模にワインを生産する、テーブルワインの生産量も多い地域で、収穫量の多い品種が植えられやすい傾向にある。しかし内陸方面へ20㎞入れば標高300mに達し、寒暖差が大きく、絶えず風が吹き、キンメリジャンなどの粘土石灰土壌もありと、良いワインが生産される条件が整っていると言える。白品種のアリントとフェルナン・ピレシュ、赤品種のマルセラン、カシュテラン、トゥリガ・ナシオナルなど、多くの地品種が栽培されている地域で、伝統的には混植混醸されてきたが、シングルバラエティやシングル・ヴィンヤード産のワインも数多く生まれている。ポルトガルの中でも比較的雨が多い地域のため、白ワインも赤ワインも酸味と鉱物感を基調としたすっきりとした味わいのワインが造られやすく、これからも興味深い造り手の出現が期待できる地域。

ポルトガルについて

一人当たりのワイン消費量はフランスやイタリアと肩を並べ、ワイン生産も全国的に行われている。しかし、大西洋と、山脈や河川によって国土は隣国スペインから隔てられていただけでなく、1986年にEUに加盟するまでは、地理的にも政治的にも孤立していた。長い間イギリス向きに出荷されてきた、ポートワインやマデイラ酒を除くと、ポルトガルワインへの関心は日本市場でも高いとは言えなかった。しかし近年、隠れたブドウ栽培地域や地品種への関心が世界的に高まるなか、固有品種の宝庫ともいえるポルトガルでは、海外で経験を積み、ワイン造りを始めた若い造り手たちが、様々な品種と地域でワイン造りをしている。ポルトガルが広くない国土にもかかわらず、多様な地形と土壌を持つことは、ポートワインとヴィーニョ・ヴェルデという性質が相反するまったく別種のワインが、しかも隣接する地域から生産されることからも、良くわかる。とかく情報過多に陥りがちな現在、ポルトガルには魚介類を使った素朴な料理が多く、その料理と合わせて飲まれてきたポルトガルワインは、一般に気取った味わいを感じさせないので、難しく考えずに飲んでいただきたい。

   
 

取扱いワイン

Vinho Tinto white label
ヴィーニョ・ティント ホワイト・ラベル

Vinho Tinto
ヴィーニョ・ティント

COZs de Cozinheiros vp-Vital
コズ・デ・コジニェイロシュ・ヴェー・ペー・ヴィタル

COZs de Cozinheiros c2-baga
コズ・デ・コジニェイロシュ・スィー・ドイシュ・バガ

       

PAGE TOP ↑