*

Pierre Frick
ピエール・フリック

造り手: Jean Pierre Frick
ジャン・ピエール・フリック
国・地域: Pfaffenheim
フランス / アルザス / ファッフェンハイム
主要な使用品種: ゲヴェルツトラミネール(Gewurztraminer)
ピノ・ノワール (Pinot Noir)
ピノ・ブラン(Pinot Blanc)
リースリング (Riesling)
ホームページ: http://www.pierrefrick.com/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ピエール・フリックについて

1970年にビオロジック、1981年にビオディナミを開始した、アルザス有機農法の先駆者。当主ジャン・ピエールは、コルマールの南、ファッフェンハイム村にあるブドウ農家の12代目。長年の真摯なビオディナミ栽培により力強さを備えたブドウ樹には生命力が吹き込まれ、近年はボルドー液の使用も大幅に低減した。12haの自社畑の一部は、ブルゴーニュと同じジュラ紀ドッガー時代(バトニアン期、バジョシアン期を含む)の魚卵状石灰岩も豊富。醸造時は、白品種も全て全房でプレスし、100年以上使い続ける30hlのフードル(大樽)で熟成。1988年以来、補糖を一度も行っていない。複数ある亜硫酸無添加キュヴェには立体感ある舌ざわりがともない、触覚的なテクスチュアが現れる。信条は、「ブドウの樹は、天と地をつなぐ架け橋。ワインの本質とは審美的なものであり、それは芸術の一分野を占めている。ワインは自然への愛と、畏怖の念が刻印されるべきものである」。

アルザスについて

ドイツとの国境、ライン河にそった丘陵地に南北約170kmに渡って広がる産地。西側に連なるヴォージュ山脈(最高峰1,424m)が偏西風をブロックするため、夏はフランスでも特に乾燥した地域となる。7月の平均気温もブルゴーニュよりわずか0.7℃低いだけにとどまり、中心都市コルマール周辺では、8月は30℃を越える日も多い。そのため「皮肉にも、ワイン造りの環境があまりにも理想的だったため、歴史の中で並級ワインや、信頼できるブレンドワインの産地と見なされてきた」とジャンシス・ロビンソンは記述する。また、フランスでは例外的に、産地名ではなく使用するブドウ品種がワイン名となるのも特徴。グラン・クリュは計51区画で、AOC法上それを名乗れるのはリースリング、ゲヴュルツトラミネール、ピノ・グリ、ミュスカ・ダルザスの計4種の白品種のみ。しかし、ジェラール・シュレールなど志ある生産者は,グラン・クリュの畑にもピノ・ノワールを栽培し、目覚ましい成果をあげている。

   
 

取扱いワイン

Crémant d’Alsace – zéro sulfites ajoutés
クレマン・ダルザス ゼロ・シュルフィト・アジュテ

Pinot Blanc
ピノ・ブラン

Riesling – Bihl
リースリング ビール

Riesling - Vorbourg Grand Cru
リースリング・フォルブルク・グランド・クリュ

Riesling - Steinert Grand Cru
リースリング・シュタイネール・グランド・クリュ

Gewurztraminer Macération - sans sulfite ajouté
ゲヴュルツトラミネール マセラシオン サン・シュルフィト・アジュテ

Gewurztraminer Rot Murle
ゲヴゥルツトラミネール ロット・ミュルレ

Pinot Gris Macération - Vorbourg Grand Cru- sans sulfite ajouté
ピノ・グリ マセラシオン フォルブルク グラン・クリュ サン・シュルフィト・アジュテ

Pinot Gris Macération - sans sulfite ajouté
ピノ・グリ マセラシオン サン・シュルフィト・アジュテ

Pinot Noir Strangenberg - sans sulfite ajouté
ピノ・ノワール ストランゲンベルグ サン・シュルフィト・アジュテ

       

PAGE TOP ↑