*

Champagne Pascal Mazet
 シャンパーニュ パスカル・マゼ 

ワイナリー名 Champagne Pascal Mazet
シャンパーニュ パスカル・マゼ
創業年 1976年
         
国・地域 モンターニュ・ド・ランス ・ フランス ・ シャンパーニュ
地区/村 シニー=レ=ローズ
代表者 Pascal Mazet
パスカル・マゼ
畑面積 2 ha
主要品種 ピノ・ムニエ(Pinot Meunier)
シャルドネ (Chardonnay)
ピノ・ノワール (Pinot Noir)
平均生産量 16,000本/年
生産者プロファイル

アンボネ地区のグランクリュ、およびシニ=レ・ローズ地区のプルミエ・クリュなど、計わずか2haのみの自社畑で徹底したビオロジック栽培を敢行する生産者。2013年にビオ認証を得たが、実質的なビオロジック栽培の実施は、そのはるか以前に遡る。栽培農家から自社瓶詰めへの転向は1976年。ピノ・ノワール(樹齢40年以上)、シャルドネ(樹齢50年以上)は、ともに樽発酵、樽熟成。畑は小さいながらも50hlの大樽にリザーヴ・ワインを確保。複数のヴィンテッジのブレンドによる、奥行きと高貴な余韻の妙にも、天賦のアッサンブラージュ・センスが感じられる。二次発酵にはフルーリーが選別したシャンパーニュ酵母「クォーツ」を使用。アンボネ産葡萄を使ったシャンパーニュとしては、例外的なほど慎ましい価格であり、およびグランクリュの畑で真摯にビオロジック栽培を行う数少ない生産者としても、貴重な存在である。

   
前の記事:
Ulysse Collin
次の記事:
Richard Cheurlin

PAGE TOP ↑