*

Nikoloz Antadze
 ニコロズ・アンターゼ 

ワイナリー名 Nikoloz Antadze
ニコロズ・アンターゼ
創業年 2006年
         
国・地域 カヘティ ・ ジョージア
地区/村 マナヴィ
代表者 Nikoloz Antadze
ニコロズ・アンターゼ
畑面積 1 ha
主要品種 ルカツィテリ(Rkatsiteli)
ムツヴァネ(Mtsvane)
平均生産量 3,000~3,500本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】  
 ニコロズ・アンターゼは、1974年、ワイン造りと嗜みの伝統の根づくジョージアはトビリシで芸術家と言語学者の一家に生まれた。17世紀から家族がカヘティ地方(マナヴィ村とツォリコウリ村)に畑を所有していたが、ジョージアがソヴィエトの政権下に落ちた時に国に没収された。2006年、ニコロズはマナヴィ村にブドウ畑を購入し、有機農法によりクヴェヴリでのワイン造りを始めた。

 栽培品種は、ジョージアの土着品種であるムツヴァネ・カフリとルカツィテリ。畑は海抜650mに位置し、土壌は黄みがかった明るい茶色で、岩の多い粘土石灰質。マナヴィ村の土壌は、ジョージアが君主制をひいていた19世紀までの間、この畑でできたブドウで王室に献上されるワインを作っていたことから、「ロイヤル・クリュ」と呼ばれていた。

 2013年に、ニコロズ・アンターゼは自身のマラニの建設を始めたが、それ以前は友人のセラーを醸造と保管場所に充てていた。品種とテロワールの可能性を引き出した味わい、その年の気候条件が反映するワイン造りを目指し、手入れをする前にブドウの樹を観察して極力介入せずに済むよう心がけている。醸造においては、常に新しい試みをもって行うため、ヴィンテッジによって味わいが異なる。

【畑について】                                                       
栽培:ビオロジック       
土壌:黄みがかった茶褐色の粘土石灰質

【醸造について】 
醗酵:クヴェヴリ 
熟成:クヴェヴリ

   
前の記事:
Alex Tsikhelishvili
次の記事:
Iago Bitarishvili 

PAGE TOP ↑