*

Monte dall’Ora
モンテ・ダッローラ

造り手: Carlo Venturini, Alessandra Zantedeschi
カルロ・ヴァントリーニ、アレッサンドラ・ザンテデスキ
国・地域: San Pietro in Cariano
イタリア / ヴェネト / ヴァルポリチェッラ / サン・ピエトロ・イン・カリアーノ
主要な使用品種: コルヴィーナ(Corvina)
ホームページ: https://montedallora.com/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

モンテ・ダッローラについて

ヴェントリーニ夫妻が“野生的環境”に惚れ込み、1995年に畑を購入しスタートしたワイナリー。アレッサンドラはビオディナミにも造詣が深い「考える人」で、夫のカルロは妥協のない実践家である。ブドウ畑はヴァルポリチェッラの歴史的ゾーンにありながら約20年も耕作放棄され、ほぼ藪に近い野生状態だった。標高250m前後に広がる5haの畑の大半は1950年植樹の古木で、ワイナリー創業このかた一切化学物質の散布は行われていない。また「さくらんぼ畑と入り組むように広がるブドウ畑が、アマローネにさくらんぼの香りをもたらす」と、当主カルロ・ヴェントリーニ。畑の土も長年の自然栽培で、歩くとしなやか。かつてはラディコンらが主宰する自然派グループとも交流したが現在は距離を置き、あくまで“農家のワイン”を信条にする。セラーでは2016年以降ロッソ・ヴェロネーゼをセメントタンク発酵とし、ふくよかさと柔らかさが向上。アマローネとリパッソは木製発酵槽を使用。アマローネ・ストローパには低温浸漬も活用する。素晴らしいコンビを組むヴェントリーニ夫妻には、輝かしいヴァルポリチェッラの未来が懸かっている。

ヴァルポリチェッラについて

「この地上に類を見ない、厳かな赤ワイン」とM・クレイマーが称賛する、アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラの産地。しかし、その中核品種で45~95%の使用必須とするコルヴィーナは、通常は「比較的軽くフルーティな赤ワインを生む」品種。アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラはブドウを陰干し(=アパッシメント)後に醸造し、重厚・深遠な味わいを生む。このアマローネと、残糖を残した濃厚な甘口のレチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラが、栄光の伝統を築く。また、歴史あるリパッソ製法も近年復興。これはアマローネの搾り滓と共にワインを発酵させたもので、濃厚で強壮なワインとなる。陰干し工程を経ないDOCヴァルポリチェッラは、軽やかな味筋で日常の食卓に寄り添う。生産地域はヴェローナの街のすぐ北側、東西約26kmに広がる丘陵地帯が中心。中でもその西端、標高150~500mに至るヴェルポリチェッラ・クラッシコ地区が、「あらゆる意味でイタリアで最も将来性ある産地」とは、J・ロビンソンの見解である。

   
 

取扱いワイン

Valpolicella Classico – SASETI
ヴァルポリチェッラ・クラッシコ サセーティ

Valpolicella Classico Superiore – Camporenzo
ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・スペリオーレ カンポレンツォ

Valpolicella Classico Superiore - San Giorgio Alto
ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・スペリオーレ サン・ジョルジオ・アルト

Valpolicella Classico Superiore Ripasso – SAUSTO
ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・スペリオーレ・リパッソ サウスト

Amarone della Valpolicella Classico - Stropa
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ ストローパ



       

PAGE TOP ↑