*

Marguet
 マルゲ 

ワイナリー名 Marguet
マルゲ
創業年 1870年
         
国・地域 フランス ・ シャンパーニュ
地区/村 アンボネ
代表者 Benoît Marguet
ブノワ・マルゲ
畑面積 13.6 ha
主要品種 ピノ・ノワール (Pinot Noir)
平均生産量 120,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 1870年に創立、1905年からビン詰めを始める。現当主のブノワ・マルゲは5代目で、現在一家は5つのグラン・クリュ村(アンボネ、ブジィ、マイィ、シルリィ、ヴェルズネイ)と、セカンド・クリュ(エペルネ)に畑を保有しているが、優れた畑を所有しているだけでは優れたシャンパーニュができるわけではなく、毎日勤勉に働き、多いなる情熱と心持ち、そして献身の結果にこそ大きな喜びと満足感が得られるという考えのもと日々ワイン造りに邁進している。
 ブノワはもともと有機栽培に興味を持っており、2003年から2004年にかけて自分の畑でも実験を始めていたが2004年にデュヴァル・ルロワ社でシェフ・ド・カーヴ(醸造長)を務めていたエルヴェ・ジェスタンを訪ねて以来、栽培・醸造の両面でエルヴェに導かれながら、新たな道に開眼し、2006年から本格的に二人の共同作業が始まった。歴史あるドメーヌの5代目であるブノワにとって、有機栽培に転換することは大変な困難を伴うものだったが、それにもかかわらずブノワは、あえて、売り易いが個性や品格に欠ける凡庸なシャンパーニュ作りを脱し、新たな可能性に向かって強く前進し始めている。 

出会い: マルゲ(ペーレ・エ・フィス)については、樽試飲を通じて醸造家ブノワ・マルゲの確実な歩みを理解し、将来性を確信していました。が、訪問して最初の数年間は、まだ革新の成果が商品としてのワインに現れ出ていなかったので、良心的な価格ながら扱いを見送ってきました。思えば、生産者とインポーターの双方にとって、耐えなければならない苦しい時期でした。そして、本格的な変身の先駆けとなるシャンパーニュ・ロゼ(2009年ヴィンテッジ)がリリースされたのをきっかけとして、ようやく胸を張ってご紹介できることになりました。
 100%有機栽培に転換した、2010年ベースのキュヴェがリリースされたのはそれから4年先の2014年。
(この転換を気に、名称を「マルゲ・ペール・エ・フィス」から新たに「マルゲ」と改めています。)また数年後には、ビオディナミ農法のブドウを用い、可能な限り自然な醸造方法に挑む造りから生まれる、比類のないグラン・クリュ・シャンパーニュがリリースされる段取りなのです。 (合田泰子)

 【畑について】
栽培:ビオディナミ
土壌:粘土石灰質

【醸造について】
醗酵:オーク樽、ステンレスタンク
熟成:オーク樽、ステンレスタンク

   
前の記事:
Laherte Frères 
次の記事:
Alice et Olivier de Moor

PAGE TOP ↑