*

Les Dolomies
 レ・ドロミー 

ワイナリー名 Les Dolomies
レ・ドロミー
創業年 2008年
         
国・地域 ジュラ ・ フランス
地区/村 パッスナン
代表者 Céline Gormally
セリーヌ・ゴルマリー
畑面積 6.4 ha
主要品種 サヴァニャン(Savagnin)
シャルドネ (Chardonnay)
ピノ・ノワール (Pinot Noir)
平均生産量 8,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 セリーヌ・ゴルマリーは、2004年末からブドウ畑で仕事を始めた。すぐにこの仕事が好きになり、翌年2005年より夫のスティーブと共にワイン造りを始め、2008年、スティーブの協力を得てドメーヌを創業した。
 ドメーヌ名は、遠くイタリア・チロル地方のドロミテ山脈に由来する。その地では、マグネシウムを含む豊富な鉱物であるドロマイト(苦灰土)が、ブドウ畑に含まれている。ドメーヌのあるパッスナン村は、ジュラ地方のちょうど中間あたりにあるグランクリュ、シャトー・シャロンの少し北に位置している。
 創業当初の2年間は、他のドメーヌで働きながら自身のワイン造りを行っていた。当初1.5haもなかった畑であったが、2010年にはパッスナン村とフロントネィ村をまたぎ総面積3.8haまで広がっている。ジュラのロタリエ村(ジュラ地方のやや南部)にあるドメーヌ、ジュリアン・ラベ氏の教えを受けながらワイン造りに取り組んできた。
 BPREA園芸専門学校で学び、修了後ブドウ畑で仕事を始めた。ニコラ・ケール氏(サンタンジェ)、ドメーヌ・ミレー(スザンセ)、ドメーヌ・バドス(ポリニー)、ビオロジック栽培を行うドメーヌ・ド・サンピエール(マトネ)で経験を積んできた。自身のドメーヌ創業は、これらと並行して行った。 

 自然と、その豊かさを尊重する。サンテグジュペリの言葉を引用すれば、
《La Terre ne nous appartient pas ; elle nous est prêtée par nos enfants. 》
地球は先祖から受け継いだものではない。子供たちから借りたものだ。

【畑について】
栽培:ビオロジック、ビオディナミ
認証機関:エコセール
土壌:泥灰土、粘土石灰質

【醸造について】
圧搾:垂直式プレス、水平式プレス
醗酵:ステンレスタンク、グラスファイバー、琺瑯
熟成:樽(228L、600L)

   
前の記事:
Jean-Yves Péron
次の記事:
SARL Pierre Olivier Bonhomme

PAGE TOP ↑