*

Kuenhof Peter-Pliger
 クエンホフ・ピーター=プリガー 

ワイナリー名 Kuenhof Peter-Pliger
クエンホフ・ピーター=プリガー
創業年 1990年
         
国・地域 イタリア ・ トレンティーノ・アルト・アディジェ
地区/村 ブレッサノーネ
代表者 Peter & Brigitte Pliger
ピーター & ブリジット・プリガー
畑面積 6 ha
主要品種 ゲヴェルツトラミネール(Gewurztraminer)
リースリング (Riesling)
シルヴァネール(Sylvaner)
平均生産量 27,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 クエンホフとは、12世紀から続くマーゾ(小作人用住宅つき農地)の名前。初期の頃はブレッサノーネの司教の管理下にあったが、およそ200年前からプリガー家族の所有となった。1991年には建物を改修し、古びたセラーもワインの生産を効率化するために手を加えた。1989年まで、収穫されたブドウはノヴァチェッラにある大修道院に譲られてきたが、1990年に初めて自身の名を冠した1500本のワインをビン詰めした。今では年間に25,000本を生産しており、今後、新しく畑を取得することによって生産本数がさらに増えていくと見込んでいる。

 とにかく清潔で、よく工夫されたカンティーナ。ボッテ(8樽)とステンレスタンク大小あわせて10基。プレスはヴァスラン搾り。どのキュヴェもマロラクティックをしない。総本数平均25,000本造るが、将来は30,000本まで伸ばす予定。ほとんど地元で売り切れで、輸出はわずかしかない。シルヴァネールの収穫は10月1日、発酵28日間。タンクからテイスティングした味わいはフローラルで、上品、テクスチュアーが大変なめらか、品が無くフラットな一般のシルヴァネールと一線を画す。リースリング、ゲヴェルツトラミネールともに3,000本あまりの生産量。アルト・アディジェのトップクラスと比べても、見事としかいいようがない。芳酵で残糖があっても感じさせないバランスがあり、上品で美しい酸に支えられている。

出会い: 2002年11月、シエナからボルツァーノへ7時間の長旅だった。ようやく今回初めてクエンホフを訪ねることができる。偶然に知己のアヴィニョネージの息子と同じコンパートメントで、トレントまでシャンパーニュを飲みながら楽しい旅となった。ヴェローナを過ぎてアディジェ渓谷に進むにつれ、山が線路わきにまで迫ってくる。気温が次第に下がり、空気が澄んでくるのが、景色の色調から感じられる。トレントを過ぎると進行方向にドロミーテ山が現れる。氷河期の湖と森林が美しく、スキーでにぎわうこの地方は料理自慢の山小屋風のホテルが点在する。季節外れのために、残念ながらガイドブックのお勧めはほとんどしまっていた。それでもガイドブックを参考に飛び込んだ街の食堂の料理は、初めて訪れた国境近いボルツァーノの街の、地方料理の個性とレベルの高さを堪能させてくれた。ワインリストも見事で、ニードリストのラグレインを飲みながら、1泊の旅で1軒雄レストランしか楽しめないのが残念でならなかった。

 翌朝ようやくクエンホフへ、急峻な坂を上ると南東斜面の畑が広がる。畑わきにチロルの伝統的な真っ白な壁の美しい家がクエンホフの家であり、昔、馬屋だったところが現在セラーとなっている。800年以上前の建物と聞き、保存の美しさに驚く。もともとは教会の所有だった建物で、プリガー家は200年前からここに住んでいる。代々農業を営み、父はブドウを協同組合に売っていた。学校では商業を学び、はじめは家具造りの仕事をしていた。ニードリストには14年前に会い、ワイン造りを勧められ、彼からワイン造りを学んだという。ゲヴュルツトラミネール0.8ha、リースリング0.8ha、ヴェルトゥリネール1.1ha、シルヴァネール1.1ha、あとは小麦をつくっている。彼のシルヴァネールが何故このように素晴らしいか。プリガー氏によれば「上質のSylvanerを造るのは、むずかしい。収量をおとして、DOCでは1200キンタル/ha認めているが、ここでは多くても800キンタル/haどまりの収量に抑えている。シルヴァネールはオーストリアからきた品種で、この地域ではもっとも伝統的な品種だが、いいシルヴァネールを造っているひとはほとんどいなくて、低品質のシルヴァネールは今生産過剰で売れていない。私のシルヴァネールはミネラリーで、ワインは畑で生まれるものと考えている。」(合田泰子)

【畑について】
栽培:有機農法というわけではないが、人工的なものは何も用いず自然なやりかたで栽培を行っている。
土壌:シスト中心、砂、粘土

【醸造について】
圧搾:空気圧式プレス
熟成:シュールリー。アカシアの大樽30%、残りの70%はステンレスタンク

   
前の記事:
Parlange & Illouz 
次の記事:
Fasoli Gino

PAGE TOP ↑