*

Gilles Azzoni/Le Raisin et L‘Ange
ジル・アゾーニ/ル・レザン・エ・ランジュ

造り手: Gilles Azzoni / Antonin Azzoni
ジル・アゾーニ、アントナン・アゾーニ
国・地域: Les Salelles
フランス / ローヌ / ローヌ北部 / レ・サルレ
主要な使用品種: メルロ(Merlot)
ヴィオニエ(Viognier)
グルナッシュ(Grenache)
シラー(Syrah)
ホームページ: なし
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ジル・アゾーニ/ル・レザン・エ・ランジュについて

ピエール・オヴェルノワ、クロード・クルトワらを敬愛し、「亜硫酸無添加が絶対条件。ワインにブドウ以外のものは入れない」を信条とする、ジル・アゾーニのドメーヌ。ジルはパリで生まれ、ヴォルネイでの修業後、1983年アヴィニョン西北の静かな渓谷の山間、レ・サルレ村でドメーヌを開設。畑はつい近年まで携帯電話も通じない、孤絶した地域であった。VDFクラスの白ワインでも多くは収穫量をわずか25hl/ha前後まで抑制し、一部の赤ワインでは90日間ものアルコール発酵を行う。真摯かつ情熱的なワイン造りで、濃いばかりで単調になりがちな地域のシラーやグルナッシュから、熟成後にブルゴーニュも及ばないほど繊細で複雑な美しいワインを生む。2016年から息子のアントノーが醸造に加わり、ワイナリー名義も息子の名に変更したが、当面はジルも現役を続ける予定。親子の不変の哲学は「ブドウはイエス・キリスト。畑は聖母マリア。造り手は二人に従う羊飼いである」。

ローヌ北部について

時に斜度60度にも達する、ローヌ河の狭い谷沿いに南北に広がる産地。主要品種はシラーとヴィオニエ。「熟成するとボルドーの卓越したワインに匹敵する、きわめて威厳あるワイン」とされ、高く評価されるコート・ロティ、エルミタージュ、コンドリュウなどを擁する。しかしその3つのAOCの栽培面積はいずれも非常に小さく、濃密・強壮さで知られるエルミタージュは約130ha(シャトー・ラフィットより少しだけ広い)ほど。コンドリュウは赤も生産するが、より高名なのはヴィオニエの白。域内に、わずか3.8haの極小AOCシャトー・グリエを内包する。近年は「高貴なエルミタージュの野性的な従兄弟」とも言われるコルナスにも注目が集まる。この地ではシラーの生産者はブルゴーニュほど石灰岩を追求せず、かわりに花崗岩を重視する。ヴァランスのすぐ南西に広がる丘陵地帯アルデーシュも、ブルゴーニュのルイ・ラトゥールなどのネゴシアンが大規模開発を行い、脚光を浴びている。

ローヌについて

リヨンのわずか35km南の街ヴィエンヌからアヴィニョンまで、南北約200kmにわたるローヌ河両岸に開く南仏の産地。エルミタージュ、コルナスなどを生む北部と、シャトーヌフ・デュ・パプ、ジゴンダスなどを生む南部に分かれる。生産量の面では、ローヌ河沿いの狭い谷の急斜面に畑が続く北部は、比較的なだらかな丘陵が続く南部に対し、わずか1/10ほどである。最もベーシックなAOCであるコート・デュ・ローヌは、北部では50村、南部では113村がその名を許される。のべ4万haの畑から生まれるそのワインの生産量はボジョレの約3倍で、ボルドーの全生産量に次ぐ。そのうち白、及びロゼは、わずか4%以下にとどまる。赤ワインの主要品種はグルナッシュで、赤の総栽培の約40%を占める。この地にブドウ栽培をもたらしたのは、紀元前4世紀頃にマルセイユの港を築いた古代ギリシャ人。その後、紀元前125年ごろ入植したローマ人が、ワイン生産を飛躍的に発展させたと言われる。

   
 

取扱いワイン

VdF - Le Raisin et l’Ange Bruine
ル・レザン・エ・ランジュ ブリュイーヌ

Pause Canon Blanc
ポーズ・キャノン ブラン

VdT – Le Raisin et I’Ange Blanc – Nedjma
ル・レザン・エ・ランジュ・ブラン ネジュマ

Pause Canon Rosé
ポーズ・キャノン ロゼ

Pause Canon Rouge
ポーズ・キャノン ルージュ

VdT – Le Raisin et l’Ange – Hommage(à Robert)
ル・レザン・エ・ランジュ オマージュ (ア・ロベール)

VdF – Le Raisin et l’Ange – Fable
ル・レザン・エ・ランジュ ファーブル

VdT - Le Raisin et l'Ange Brân
ル・レザン・エ・ランジュ ブラン

Monteau
モントー

Frigoula
フリグラ



       

PAGE TOP ↑