*

Gérard Marula
ジェラール・マリュラ

造り手: Gérard Marula
ジェラール・マリュラ
国・地域: Chinon
フランス / ロワール / シノン
主要な使用品種: カベルネ・フラン (Cabernet Franc)
シュナン・ブラン(Chenin Blanc)
ホームページ: http://marula-vigneron.blogspot.com/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ジェラール・マリュラについて

シノン近郊、ティゼ村外れに残る、16世紀に岩壁をくり抜いて設けられた原始的な横穴でワイン造りを行う生産者。穴蔵にはステンレスタンクなど現代的醸造設備も皆無、除梗すら全て手作業で行う。当主ジェラール・マリュラはロワールの醸造学校創業後、アンジュ自然派の先駆の一人ジョー・ピトンで研修。その後2004~2013年までロワールの老舗メゾン、シャトー・ド・クーレーヌで働く。その仕事と並行して、自身のドメーヌを2005年に立ち上げた。当初0.45haからスタートした畑は、現在は1950年植樹の古木カベルネ・フランの区画を含む3.2haにまで拡張。多くのキュヴェは亜硫酸無添加。そのワインには、ロワールのカベルネ・フランの格調高さと気品、素朴と野趣がないまぜになり、目覚ましい滋味は感動的。シノンが生んだ偉大な文豪フランソワ・ラブレーがもし口にすれば必ずや絶賛し、巨人ガルガンチュア(ラブレー代表作の主人公)にきっと何本も飲み干させたであろう味わいである。年産10,000本前後。

ロワールについて

大西洋岸に注ぐフランス最長の河(1,000km)の両岸に続く産地。「フランスの庭園」と呼ばれ、河沿いにかつての王侯貴族の壮麗な古城が多数点在する景観は、世界遺産にも登録されている。この地方はブドウ栽培の北限に近く、ワインは比較的酸が高い。ワインの名称と、それに含まれるワインの関係はかなり込み入っており、例えばソーミュール、アンジュなどの呼称は赤、白、ロゼのどれにも適応され、同じ呼称の中でブドウの品種も甘さの度合いも様々であることが、消費者を戸惑わせることが多い。ともあれ「このエリアはフランスで最も多様で、かつ軽んじられてきた産地。軽く、爽快で、はっきりとした酸味を持ち、昔から魅力的と言われているエリアなのに、現代のワイン消費者は、重さと強さに取り憑かれているため、ロワールは、正当な評価を受けていない」とジャンシス・ロビンソンは喝破する。ロワール河河口から上流に向かって、ペイ・ナンテ地区、アンジュー・ソーミュール地区、トゥーレーヌ地区、ロワール上流地区の、大きく4つのエリアに区分される。

   
 

取扱いワイン

VdF - blanc Ange
ヴァン・ド・フランス ブラン・アンジュ

Chinon - Que Votre Joie Demeure
シノン ク・ヴォ―トル・ジョワ・ドゥミュール

Chinon rouge Clos de Baconnelle
シノン・ルージュ クロ・ド・バッコネル

Touraine rouge Les Gruches
トゥーレーヌ・ルージュ レ・グリュッシュ



       

PAGE TOP ↑