*

Fattoria San Giusto a Rentennano
ファットーリア・サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ

造り手: Famiglia Martini di Cigala 
マルティーニ・ディ・チガーラ家
国・地域: Gaiole in Chianti
イタリア / トスカーナ / キアンティ / ガイオーレ
主要な使用品種: サンジョヴェーゼ (Sangiovese)
ホームページ: https://www.fattoriasangiusto.it/it/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ファットーリア・サン・ジュースト・ア・レンテンナーノについて

イタリアワインの熱狂的なファンにとって、間違いなく最高峰の一つ、サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ。中世の要塞は、1914年からマルティーニ・ディ・チガーラ家の所有となり、1992年から、現在に至るまでアナ、ルチア、エリザベッタ、フランチェスコ、アレッサンドロとルーカの兄弟が農園の運営にあたっている。所有する160haの敷地の内、31haはブドウ畑だが、残りはオリーブ畑、森、農地や牧草地として、残している。ブドウ畑は全てビオロジック栽培で管理されていて、生産ワインのほとんどを占めるサンジョヴェーゼ、キュヴェ・リコルマ用のメルロー、そして、甘口のヴィン・サン・ジュースト用のマルヴァジーアと少量のトレッビアーノと、ブレンド用にカナイオーロを栽培している。醸造と熟成には一部フレンチオークもつかわれ、ミネラル成分を豊富に含んだ土壌由来の骨格がしっかりとしているが、味わいは極めて端正に仕上がっている。

キアンティについて

15世紀以来「キアンティ」という地名は北はフィレンツェから南はシエナまでの広大な地域を指す。標高800mまでの丘陵があるが、ワイン造りは250~500m前後の高度が中心。最初にキアンティの境界を定めたのは、1716年トスカーナ大公・コジモ3世。1932年に、広がり続けるキアンティの呼称に対抗し、9村・計7万haが“伝統的”区域としてクラッシコの呼称を得、その際の境界は現在も不動。キアンティ・クラッシコは長らく白ブドウのブレンドが必須だったが、サンジョヴェーゼ100%の認可は1996年以降。2000年には国際品種のブレンド率を20%まで引き上げた(DOCG初年の1984年は10%)。現在、生産者は約350社。この「キアンティ・クラッシコ」の周辺に広がる形でDOCGキアンティとして、ルフィナ、コッリ・セネージなど7つの地域が認定されている。この地域でも生産者の力量しだいで、高名なクラッシコに勝るとも劣らないワインも生まれている。

   
 

取扱いワイン

Rosato Fuori Misura
ロザート フオーリ・ミズーラ

Chianti Classico
キアンティ・クラッシコ

Chianti Classico Riserva Le Baroncole
キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ レ・バランコーレ

IGT Toscana PercarloIGT
トスカーナ ペルカルロ

IGT Toscana La RicolmaIGT
トスカーナ ラ・リコルマ

IGT Toscana Vin San GiustoIGT
トスカーナ ヴィン・サン・ジュースト



       

PAGE TOP ↑