*

Domaine Sylvain Pataille
ドメーヌ・シルヴァン・パタイユ

造り手: Sylvain Pataille
シルヴァン・パタイユ
国・地域: Marsannay
フランス / ブルゴーニュ / コート・ド・ニュイ / マルサネ
主要な使用品種: アリゴテ(Aligoté)
シャルドネ (Chardonnay)
ピノ・ノワール (Pinot Noir)
ホームページ: なし
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
1.2_Sylvin_Pataille.jpg
1_Sylvin_Pataille.jpg
2_Sylvin_Pataille.jpg
3.2_Sylvin_Pataille.jpg
3_Sylvin_Pataille.jpg
4_Sylvin_Pataille.jpg
5.1_Sylvin_Pataille.jpg
5.2_Sylvin_Pataille.jpg
Sylvin_Pataille.jpg
previous arrow
next arrow
1.2_Sylvin_Pataille.jpg
1_Sylvin_Pataille.jpg
2_Sylvin_Pataille.jpg
3.2_Sylvin_Pataille.jpg
3_Sylvin_Pataille.jpg
4_Sylvin_Pataille.jpg
5.1_Sylvin_Pataille.jpg
5.2_Sylvin_Pataille.jpg
Sylvin_Pataille.jpg
previous arrow
next arrow

ドメーヌ・シルヴァン・パタイユについて

コート・ド・ニュイの北の端、マルサネの評価を一新する力量を持つ生産者。当主シルヴァン・パタイユは、ボーヌとボルドーの二つの醸造学校を卒業後、故郷ブルゴーニュで醸造コンサルタントとして活躍。1999年に祖父の畑を譲り受け、自社生産を開始。現在は契約畑を含め15haを耕作する。2008年からは一部の区画でビオディナミも開始。醸造は野生酵母のみで、原則的に全房で発酵させ、過度な抽出を避け、まるで果皮を煎じるようにゆっくりと長めのマセレーション(30日前後)を行う。熟成には大樽も併用。その結果生まれるピノ・ノワールは、温かさの奥に確たるエネルギーに溢れ、ミネラル風味と清涼感、美しい果実味と繊細な味わいがある。亜硫酸使用も非常に低く、ナチュラル志向が感じ取れる。ロゼにも1930~1956年植樹の古木を使用。マルサネ・ルージュ・ランセストラルは1930~1945年植樹の古木のみ使用する。その手腕は現地でも高く評価され、現在醸造コンサルティングの契約も15社に増加している。

コート・ド・ニュイについて

ブルゴーニュの心臓部、コート・ドールの北半分。コート・ドールは、まさに黄金を生む丘として“金の丘”との訳語が多いが、本来は東向きの丘(コート・ド・オリエント)の略語である。ナポレオンが愛飲したシャンベルタンを生むジュヴレ・シャンベルタン村、ロマネ・コンティ、ラ・ターシュなどを生むヴォーヌ・ロマネ村ほかが含まれる。フランスの栄光を担う、ブルゴーニュの全30のグランクリュの大多数を擁する傑出した銘醸地域である。ワインは極少ない例外を除き、ピノ・ノワール主体。ただし、欠点は“不確実性”という声は多く、近年さらに激化した価格高騰の中、「グランクリュは(時にお粗末なワイン造りのせいで)期待外れに終わることが多い」、「有名アペラシオンには、格別優れたワインもある一方、品質より儲けに躍起になるボトラーが、ブルゴーニュの中でも最悪な粗悪品を流すことがあり、くれぐれも注意すること」とジャンシス・ロビンソンは警鐘を鳴らす。北端から南端までの距離は約21km。

ブルゴーニュについて

北端のシャブリとその周縁、偉大なグランクリュの数々を含むコート・ドール、その南に続くコート・シャロネーズ、マコネ、ボジョレまでを含む地域の総称。大規模農園が多いボルドーと異なり、ここでは農園は相続を繰り返すごとに細分化され、農家の畑の平均は約6ha。通常一つのアペラシオン名を有する区画が多くの生産者に分割所有され、その最たる例のクロ・ヴージョは約50haが90の農家に分割所有される。ラ・ターシュなどのように一つのクリュの一生産者単独所有(モノポール)は稀有な例外である。それゆえ同じアペラシオンのワインでさえ、生産者によって「悲惨な代物から、素晴らしい逸品まで」と言われるほど品質のバラツキ、不確実性が顕著。ワインの生産形態も三つに大分され、1.ネゴシアン(買いブドウ/ワイン)を集めてブレンド。2.ネゴシアン自社畑栽培・自社醸造。3.ドメーヌ(農家の自社栽培・醸造がある)。なかには、まさに魂をゆさぶる、人知を越えた名品があるとさえ思わされるが、それにたどり着くのは至難である。

   
 

取扱いワイン

Bourgogne Aligoté
ブルゴーニュ・アリゴテ

Bourgogne Aligoté - Les Auvonnes au Pépé
ブルゴーニュ・アリゴテ・レ・ゾヴォンヌ・オ・ペペ

Bourgogne Aligoté - Champ Forey
ブルゴーニュ・アリゴテ・シャン・フォレ

Bourgogne Aligoté - Clos du Roy
ブルゴーニュ・アリゴテ・クロ・デュ・ロワ

Bourgogne Aligoté -La Charme aux Prêtres
ブルゴーニュ・アリゴテ ラ・シャルム・オ・プレートル

Marsannay Blanc
マルサネ・ブラン

Bourgogne Blanc - Les Méchalots
ブルゴーニュ・ブラン レ・メシャロ

Bourgogne Blanc – le Chapitre
ブルゴーニュ・ブラン ル・シャピートル

Marsannay Blanc - La Charme aux Prêtres
マルサネ・ブラン ラ・シャルム・オ・プレートル

Marsannay Rosé – Fleur de Pinot
マルサネ・ロゼ フルール・ド・ピノ

Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

Bourgogne Rouge – le Chapitre
ブルゴーニュ・ルージュ ル・シャピートル

Marsannay Rouge
マルサネ・ルージュ

Marsannay – La Montagne
マルサネ ラ・モンターニュ

Marsannay Rouge En Clemengeots
マルサネ・ルージュ オン・クレモンジョ

Marsannay – Clos du Roy
マルサネ クロ・デュ・ロワ

Marsannay Rouge Les Grasses Têtes
マルサネ・ルージュ レ・グラス・テット

Marsannay Rouge Les Longeroies
マルサネ・ルージュ レ・ロンジュロワ

Marsannay Rouge – L’Ancestrale
マルサネ・ルージュ ランセストラル

Marsannay La Charme Aux Prêtres
マルサネ ラ・シャルム・オ・プレートル



       

PAGE TOP ↑