*

Domaine Landron
 ドメーヌ・ランドロン 

ワイナリー名 Domaine Landron
ドメーヌ・ランドロン
創業年 1945年
         
国・地域 フランス ・ ロワール
地区/村 ラ・エ・ブアスィェール
代表者 Joseph Landron 
ジョゼフ・ランドロン
畑面積 48 ha
主要品種 ムロン・ド・ブルゴーニュ (Melon de Bourgogne)
平均生産量 300,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 ナントの周辺―大西洋とアンジュ峡谷の間に位置するミュスカデは、「ミュスカデ」「ミュスカデ・セーヴル・エ・メイヌ」「ミュスカデ・コート・ド・グランリュー」「ミュスカデ・コトー・ド・ラ・ロワール」の4つのアペラシオンを含む。ランドロンは、このアペラシオンの中心地ナントから南東15kmの、ラ・エ・ブアスィェール村にある。
 親子代々のブドウ栽培者であるランドロン家は、ベルナールとジョゼフの兄弟が「シャトー・ド・ラ・カリズィエール」と「ドメーヌ・ド・ラ・ルーヴェトリー」のふたつの異なったドメーヌを共同で運営している。二人はともにテロワール狂でワインへの深い愛情に満ちたワインの理解者であり、低い剪定で収量を抑え土地の特性をとらえた各キュヴェを造っている。
 第二次大戦後、ジョゼフの父親と叔父にあたるピエールとジュリアンが3haの土地を購入し開墾、ブドウ樹を植えた所から始まる。その後20年は機材や技術の現代化に伴い発展するが、それと同時に馬での耕作はトラクターや噴霧器による薬剤防除、そして除草剤の散布に変わる。1967年にピエールとジュリアンが袂を分かち、1979年にジョゼフが父のピエールと新しくドメーヌを開始、新しい畑も購入、1980~1981年に元詰めと輸出を始め1988年には4~5カ国のヨーロッパ諸国に輸出するようになる。1990年にピエールが引退しジョゼフが当主となる。
   1987年に除草剤による影響でブドウ樹が生理的に変調を来し同年除草剤の使用を中止、改めて土の耕作を始めている。1999年より20haのブドウ畑をジョゼフの長年の夢だったビオロジック栽培に移行、2002年に初の認証となるエコセールを取得、2011年にはビオディナミの認証も取得している。

 【畑について】
栽培:ビオディナミ
認証機関:エコセール(2002年)、ビオディヴァン(2011年)
土壌:海洋消滅の際に変成した角閃石(アンフィボリット)ベース、砂利を含む粘土質(フォル・ブランシュ)、砂利・砂質(ピノ・ノワール)

【醸造について】
圧搾:空気圧式プレス
醗酵・熟成:ステンレスタンク、グルニエ社製木製フードル、樽(500L、600L)、甕(500L)、ガラスコーティングを施したコンクリートタンク(地下に埋められている)
醸造:シュール・リー
マセレーション:現在リリースされているキュヴェではなし。2013年頃前から甕でミュスカデのマセラシオン・ペリキュレールを試しており、そちらでは行っている。

 

   
前の記事:
La Ferme de La Sansonnière
次の記事:
Domaine de l'Ecu

PAGE TOP ↑