*

Domaine Hatzidakis
 ドメーヌ・ハツィダキス 

ワイナリー名 Domaine Hatzidakis
ドメーヌ・ハツィダキス
創業年 1996年
         
国・地域 サントリーニ島 ・ ギリシャ
地区/村 ピルゴス
代表者 Haridimos Hatzidakis
ハリディモス・ハツィダキス
畑面積 9.6 ha
主要品種 アシルティコ(Assyrtico)
アイダニ(Aidani)
マヴロトラガノ(Mavrotragano)
平均生産量 100,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 ハリディモス・ハツィダキスは、クレタ島の出身であり、若い頃からワインに興味があり、高校卒業後すぐにアテネの技術学校で農学と醸造学を学んだ。卒業後に、ナウサのブターリ社で研修、サントリーニ・ワイナリーの醸造責任者を任されると同時に、クレタ島のファンタクソメトコ・ワイナリーでも醸造を担当してきた。

 サントリーニ島で働いたときに、サントリーニ島の火山由来の特別なテロワールと、土着品種であるアシルティコ、アイダニ、マヴロトラガノの大きな可能性に気づき高品質ワインを造ることが出来ると確信する。1996年、ハリディモスは28歳の時に、ピルゴス・カリスティス村の標高330m、0.5haの小さな畑にブドウを植え直した。元々はサントリーニ島の土着品種であるアイダニが植わっていた畑だが、1956年の大地震以後は放置されてきたのだった。1997年に小さな洞窟をセラーとして醸造を始め、1999年が初リリースとなる(サントリーニ島は島全体が厚い火山灰の層に覆われていて、その大変掘りやすい、また掘っても崩れない火山灰の層に、崖や斜面から水平に掘った洞窟をセラーとしているところが多い。これらの伝統的なセラーはカナヴァと呼ばれている)。

 ハリディモスの哲学は以下の通りである。サントリーニ島のブドウの質を改善するだけでなく、たくさんの隠れている品種を明らかにし、ブドウ栽培を多様化すること。ワインを醸造するうえで近代技術をはじめとする人間の介入をできる限り排し、自然のままの味わいを表現すること。そして、目指すのは土着品種、有機栽培、醸造中の最低限の介入で自然で高品質なワイン、そして醸造中だけでなくもちろん飲んで楽しいワインを造ること。
 現在は約10haの畑を持ち一部、一部買いブドウでの醸造も行っている。

【畑について】
栽培:ビオロジック
認証機関:ディオ(ギリシャの有機認証機関)
土壌:火山由来の砂、軽石、灰
堆肥:鳥の糞、ブドウの処理後の搾りかすや種子を2年間地中で保存後に使用

【醸造について】
圧搾:空気圧式プレス
醗酵:ステンレスタンク
熟成:ステンレスタンク

   
前の記事:
Clot de les Soleres
次の記事:
Domaine Economou

PAGE TOP ↑