*

Domaine de La Combe aux Rêves
ドメーヌ・ド・ラ・コンブ・オ・レーヴ

造り手: Grégoire Perron
グレゴワール・ペロン
国・地域: Journans
フランス / サヴォワ / ジュルナン
主要な使用品種: プルサール(Poulsard)
ガメ (Gamay)
シャルドネ (Chardonnay)
ホームページ: なし
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ドメーヌ・ド・ラ・コンブ・オ・レーヴについて

樹齢100年を越えるプルサールの古木が、薄い表土で岩だらけの急斜面に残る0.4haの区画。地元で“夢見る谷(=コンブ・オ・レーヴ)”と呼ばれる美しい名がつくこの谷の畑に、当主グレゴワール・ペロンが巡り会い、2010年に立ち上げたドメーヌ。グレゴワールは当時既に、ジュラ自然派の名手ジャン・フランソワ・ガヌヴァで3年の研修後、ブルゴーニュ、アメリカ、ニュージーランドなどでも十全に醸造家としての経験を積んでいた。大半の畑は混植されており、新たに購入した畑には、あえて周囲と異なる品種を植えるなど、混植・混醸によるワインの表情の豊かさの追求でも、注目される存在である。冬は畑で家畜も放牧。一部はジュラ、アルボワ地区でビオディナミ栽培の葡萄も購入し醸造する。この地方の固有品種で、アルプス特有の高山性辛口白ワインを生むジャケールのみ、100%この品種で造り、奥ゆかしく慎ましいフラワリーさを表現。所有する畑はわずか2.2ha。

サヴォワについて

スイス、イタリアと国境を接し、ヨーロッパ最高峰のモン・ブラン(標高4,810m)を擁する、オート・サヴォワ県の周辺に広がる産地。ワインは約7割近くが白である。特徴的なのは石灰岩土壌と豊富な固有品種。収量を制限すればスパイシーな赤ワインとなるモンドゥーズ、エトゥレール(Étraire)、白ブドウのアルテス(=ルーセット)、ジャケール、グランジェ(Gringet)などがその個性を開花させる。特にアルテス(「殿下」という意味に、地元のこのブドウへの敬意がにじむ)は、ジャンシス・ロビンソン曰く「エキゾチックな香りと、十分な酸を持ち長熟に耐える、(中略)この地方で最もエキサイティングな白ワインを生む」品種。また、このブドウは、キプロス原産でローヌのルーサンヌと同一であるという学説もあり、未だ論争が続いている。シャルドネ、ガメイ、ピノ・ノワールもトップ生産者の手にかかると目覚ましい表現力を発揮、見逃せない。

   
 

取扱いワイン

Jack erre dans les abîmes
ジャック・エール・ダン・レ・ザビム

XXIV mois
ヴァンキャトル モワ

La Flûte Agitée
ラ フリュトゥ アジテ

PEARL
パール

Noct'en bulles
ノクタンブル

La Miette
ラ・ミエット

Black Hole
ブラック・ホール

Terre des Rangoux
テール・デ・ラングー



       

PAGE TOP ↑