*

Borgo del Tiglio (Nicola Manferrari)
ボルゴ・デル・ティリオ(ニコラ・マンフェッラーリ)

造り手: Nicola Manferrari
ニコラ・マンフェッラーリ
国・地域: Collio
イタリア / フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア / コッリオ
主要な使用品種: ソーヴィニョン・ブラン(Sauvignon Blanc)
マルヴァジーア(Malvasia)
フリウラーノ(Friulano)
シャルドネ (Chardonnay)
ホームページ: http://borgodeltiglio.it/it/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ボルゴ・デル・ティリオ(ニコラ・マンフェッラーリ)について

フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州の南西部、スロベニアとの国境線沿いに半月状に広がる丘陵地帯、コッリオ地区に1981年創業。現・当主のニコラ・マンフェッラーリは元・薬剤師だったが、父の他界後に家業の農園経営を引き継いだ。栽培醸造責任者となったニコラは、畑の密植度を高めて収量を抑え、テロワールの個性を際立たせるため畑を小区画に分け、区画毎の綿密なデータに基づく細心かつ大胆なワイン造りを開始。本国でも「天才か異端か? 傑出したトカイ・フリウラーノで名を成す」と評価されている。その作は、イタリアという枠すら越える偉大な風格がありながら、イタリア以外では考えられない無類の風味と洗練されたスタイルを備える。時に日本到着直後やや硬くてアルコリック気味になることがあるが、しばらくの期間落ち着かせると、本来の風味が開花する。フラッグシップのフリウラーノは、植樹1960年。発酵も全て木樽で行う。

フリウリ=ヴェネツィア・ジュリアについて

イタリア北東部の州で、東はスロベニア、北はオーストリアに国境を接する。特にその東端部の丘陵地帯となるコッリオとコッリ・オリエンターリ地区は、「イタリアの現代白ワインの聖地」とさえ呼ばれる。コッリオ周辺の土壌は古代の海底に由来し、ポンカとよばれる泥灰土と砂岩が混じる柔らかな石灰質。この州は個性ある土着品種の宝庫でもあり、白はフリウラーノ、リボッラ・ジャッラ、ピコリット、ヴィトフスカ、赤はレフォスコ、スキオペッティーノなどが中でも重要。フリウラーノはかつてトカイ・フリウラーノと呼ばれたが、DNA上はトカイとは全く無関係で、南仏のソーヴィニヨン・ヴェールがヴェネト経由で19世紀中期に持ち込まれた、という説が現在は有力。ちなみにコッリオの人々は、1891年に「世界葡萄生産者会議・第1回」がゴリツィアで開かれた史実を誇る(第2回はブルゴーニュ)。「当時からここは偉大なワイン産地としてヨーロッパ中に認識されていたのだ」と彼らは主張する。

   
 

取扱いワイン

IGT Venezia Giulia - Milleuve Bianco
ヴェネツィア・ジュリア ミッレウーヴェ・ビアンコ

IGT Marche – Milleuve Rosso
マルケ ミッレウーヴェ・ロッソ

Collio
コッリオ

Collio – Friulano
コッリオ フリウラーノ

Collio – Chardonnay
コッリオ シャルドネ

Collio – Chardonnay Selezione
コッリオ シャルドネ・セレツィオーネ

Collio - Sauvignon Selezione
コッリオ ソーヴィニョン・セレツィオーネ

IGT Venezia Giulia Verduzzo 2000
ヴェネツィア・ジュリア ヴェルドゥッツォ

Collio – Ronco della Chiesa
コッリオ ロンコ・デッラ・キエーサ



       

PAGE TOP ↑