*

Alice et Olivier de Moor
アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール

造り手: Alice et Olivier de Moor
アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール
国・地域: Chablis
フランス / ブルゴーニュ / シャブリ / シャブリ
主要な使用品種: アリゴテ(Aligoté)
ソーヴィニョン・ブラン(Sauvignon Blanc)
シャルドネ (Chardonnay)
ホームページ: http://www.aetodemoor.fr/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
1.2_A&OdeMoor.jpg
1_A&OdeMoor.jpg
2_A&OdeMoor.jpg
3_A&OdeMoor.jpg
4_A&OdeMoor.jpg
5.1_A&OdeMoor.jpg
5.2_A&OdeMoor.jpg
5.3_A&OdeMoor.jpg
6_A&OdeMoor.jpg
previous arrow
next arrow
1.2_A&OdeMoor.jpg
1_A&OdeMoor.jpg
2_A&OdeMoor.jpg
3_A&OdeMoor.jpg
4_A&OdeMoor.jpg
5.1_A&OdeMoor.jpg
5.2_A&OdeMoor.jpg
5.3_A&OdeMoor.jpg
6_A&OdeMoor.jpg
previous arrow
next arrow

アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムールについて

ディジョン大学・醸造学部の同級生だったカップルが1994年、シャブリとサン・ブリ、計4haの畑からスタートしたドメーヌ。アリスの祖父は農家で、シャブリのほかオーストリア、ポルトガルでも経験を積んだ。生産の主力はシャブリとアリゴテで、ほとんどのキュヴェを10年ものの古樽で発酵・熟成を行う。創業以来、クロード・クルトワを始めとする生産者達とも親交を重ね、除草剤の使用を減らし少しづつビオロジックに転換。2002年には酸化防止剤無添加キュヴェも生産開始。2005年にはビオロジック栽培に完全転向し、2008年に認証を得た。しかし認証取得以前の数年前から既に、枝の誘引や除葉など格別に丁寧で真摯な栽培が生むワインは、パリのレストラン向けヴァン・ナチュール試飲会などでも常に大絶賛され、世界的な人気を確立していた。2009年からはネゴシアンをスタートし、ヴァンダンジュール・マスケシリーズとして、リリースしている。2017年ヴィンテッジからは念願のシャブリ・プルミエ・クリュの畑も入手することができ、意気軒昂たる生産者である。

シャブリについて

パリから南東に180km、ボーヌから約160km離れたシャブリの町を中心に半径約10km圏内に、ブルゴーニュの飛び地のように広がる産地。栽培面積は1970年代から80年代にかけて急増し、2007年には約4,800haを越えた(1955年の時点ではわずか550ha)。この地方の代表的土壌である、中生代ジュラ紀後期の蛎殻でできた石灰岩は、ドーバー海峡を越えイギリス、ドーセット州のキメリッジにまで達することから、この土壌はキメリッジと呼ばれる。古典的なシャブリに特徴的な味わいは、硬いがけして粗くはなく、石や鉱物質を想起させながら若草の香りを持つ。7つのグランクリュ(計98ha)と79 のプルミエ・クリュを擁し、グランクリュの中では特にレ・クロ、ヴァルミュール、ブランショが名高い。全般に、名声に実力が伴わないことをシャブリは「その名声にもかかわらず、ワイン界の財産の中で最も低く(価値が)見積もられているものの一つ」とジャンシス・ロビンソンは率直に語っている。

ブルゴーニュについて

北端のシャブリとその周縁、偉大なグランクリュの数々を含むコート・ドール、その南に続くコート・シャロネーズ、マコネ、ボジョレまでを含む地域の総称。大規模農園が多いボルドーと異なり、ここでは農園は相続を繰り返すごとに細分化され、農家の畑の平均は約6ha。通常一つのアペラシオン名を有する区画が多くの生産者に分割所有され、その最たる例のクロ・ヴージョは約50haが90の農家に分割所有される。ラ・ターシュなどのように一つのクリュの一生産者単独所有(モノポール)は稀有な例外である。それゆえ同じアペラシオンのワインでさえ、生産者によって「悲惨な代物から、素晴らしい逸品まで」と言われるほど品質のバラツキ、不確実性が顕著。ワインの生産形態も三つに大分され、1.ネゴシアン(買いブドウ/ワイン)を集めてブレンド。2.ネゴシアン自社畑栽培・自社醸造。3.ドメーヌ(農家の自社栽培・醸造がある)。なかには、まさに魂をゆさぶる、人知を越えた名品があるとさえ思わされるが、それにたどり着くのは至難である。

   

PAGE TOP ↑