*

Alain Renardat-Fache
アラン・ルナルダ=ファッシュ

造り手: Alain Renardat-Fache
アラン・ルナルダ=ファッシュ
国・地域: Bugey Mérignat
フランス / サヴォワ / ビュジェ メリニャ
主要な使用品種: プルサール(Poulsard)
ガメ (Gamay)
ホームページ: http://www.alain-renardat-fache.com/
ワイナリー詳細: ダウンロード(PDF)
取扱いワイン詳細: ダウンロード(PDF)
2_1Alain_Renardat_Fache1
3_1Alain_Renardat_Fache9
3_4Alain_Renardat_Fache8
3_3Alain_Renardat_Fache7
4_2Alain_Renardat_Fache4
4_3Alain_Renardat_Fache5
3_2Alain_Renardat_Fache6
4_1Alain_Renardat_Fache10
5_1Alain_Renardat_Fache3
previous arrow
next arrow
2_1Alain_Renardat_Fache1
3_1Alain_Renardat_Fache9
3_4Alain_Renardat_Fache8
3_3Alain_Renardat_Fache7
4_2Alain_Renardat_Fache4
4_3Alain_Renardat_Fache5
3_2Alain_Renardat_Fache6
4_1Alain_Renardat_Fache10
5_1Alain_Renardat_Fache3
previous arrow
next arrow

アラン・ルナルダ=ファッシュについて

ビュジェ・セルドン、すなわちガメとプルサールによる、サヴォワ地方の伝統的ロゼ・スパークリングの名手。通常、40g/L前後糖分を残した、ほのかな甘口となる。現当主、エリー・ルナルダ=ファッシュは、この地方で8世代続くドメーヌを継承。それ以前に1996年、ボーヌの醸造学校を修了し、ブルゴーニュとアルザスで研修。2008年からは所有する約12.8haの畑全てをビオロジックに転換し、エコセールの認証も得た。粘土石灰質豊富な畑には、樹齢50年前後の古木も多数現存。「可能な限り介入しない醸造」を標榜し、補糖や酵母添加は無縁。発泡は、発酵途中で残糖ある果汁を王冠で瓶に密閉するメトード・アンセストラル方式。澱引きも、瓶から瓶へワインを静かに移す方法をとる。亜硫酸総添加量もわずか30~50mg/L。そうして生まれる細やかでクリーミーな泡立ちと、フランボワーズの香り、優しい甘みを引き締める整った酸は6~8℃の温度帯で最も心地よく花開く。

サヴォワについて

スイス、イタリアと国境を接し、ヨーロッパ最高峰のモン・ブラン(標高4,810m)を擁する、オート・サヴォワ県の周辺に広がる産地。ワインは約7割近くが白である。特徴的なのは石灰岩土壌と豊富な固有品種。収量を制限すればスパイシーな赤ワインとなるモンドゥーズ、エトゥレール(Étraire)、白ブドウのアルテス(=ルーセット)、ジャケール、グランジェ(Gringet)などがその個性を開花させる。特にアルテス(「殿下」という意味に、地元のこのブドウへの敬意がにじむ)は、ジャンシス・ロビンソン曰く「エキゾチックな香りと、十分な酸を持ち長熟に耐える、(中略)この地方で最もエキサイティングな白ワインを生む」品種。また、このブドウは、キプロス原産でローヌのルーサンヌと同一であるという学説もあり、未だ論争が続いている。シャルドネ、ガメイ、ピノ・ノワールもトップ生産者の手にかかると目覚ましい表現力を発揮、見逃せない。

   

PAGE TOP ↑