*

Zaza Darsavelidze
 ザザ・ダルサヴェリゼ 

ワイナリー名 Zaza Darsavelidze
ザザ・ダルサヴェリゼ
創業年 2011年
         
国・地域 カルトゥリ ・ ジョージア
地区/村 タマリシ
代表者 Zaza Darsavelidze
ザザ・ダルサヴェリゼ
畑面積 1 ha
主要品種 ルカツィテリ(Rkatsiteli)
ムツヴァネ(Mtsvane)
平均生産量 1,800~2,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 ダルサヴェリゼ家のマラニは、トビリシから南方60km、南ジョージアのマルネウリ地区、タマリシ村にある。様々な侵略の対象となったこの地区には損害が多く、生きる手段を奪われた原住民は18世紀以降その地を離れていった。しかし、19世紀後期から再び復活し、ジョージアのブドウ栽培に興味を持ったドイツからの移民と、イメレティ地方からのジョージア人が住み着いた歴史がある。

 1966年にザザの祖父と父がマラニを建て、今まであったクヴェヴリに加えて新しいクヴェヴリを埋め、その頃からワインが造られるようになった。マラニの近くには、1964~65年に植樹した1haのブドウ畑があり、ルカツィテリ(白)(1000本)、ムツヴァネ・カフリ(白)(200本)、タヴクヴェリ(赤)(200本)を栽培している。また、樹齢2年のヒホヴィのブドウ畑もあり、2014年には初収穫を行った。ブドウには安全な薬剤だけを使い、クヴェヴリへ果汁を移す際や醸造は全て、自然のまま行われる。収穫量は多くはないが、量よりも、良質なワインを造ることを目的としている。ダルサヴェリゼ家では、祖先から伝わったジョージアの伝統的な製造法でワイン造りを行い、その方法を次世代に引き継いでいきたいと考えている。

【畑について】
栽培:ビオロジック
土壌:石の多い砂地

【醸造について】                                    
醗酵:クヴェヴリ
熟成:クヴェヴリ

   
 

取扱いワイン

       
前の記事:
Iago Bitarishvili 
次の記事:
Archil Guniava 

PAGE TOP ↑