*

Sebastien Boisseau 
 セバスチャン・ボワソ 

ワイナリー名 Sebastien Boisseau 
セバスチャン・ボワソ
創業年 1679年
         
国・地域 フランス ・ ブルゴーニュ
地区/村 ブレイ
代表者 Sebastien Boisseau
セバスチャン・ボワソ
畑面積 9.2 ha
主要品種 シャルドネ (Chardonnay)
ピノ・ノワール (Pinot Noir)
平均生産量 20,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 マコン地区西部のブレイにあり、1679年から300年以上続く家族運営のドメーヌ。現当主であるセバスチャンは90年代に醸造学校を修了後ドメーヌに参画。当初は化学薬剤を使用していたが1997年に病気にかかり、化学薬剤の散布が必ずしも必要ではないことを初めて認識する。1999年、妻デルフィーネと共にドメーヌを継承し、2003年妻に子供ができた際には産婦人科医から化学薬剤の危険性を明確に指摘され、ビオロジックに転向した友人の畑がその綺麗な酸と好ましい収量を実現しているのを見て納得し、ビオロジックへの移行を決めた。
 現在では代々伝わるシンプルな精神に基づき、季節、大地、生命のリズムだけをガイドに土壌を重んじたビオロジック栽培を行っている。造り手自身の精神が体現された、何よりも飲んで歓びを与えられるワインを造ることを目指して、接ぎ木からビン詰めに至るまで謙虚な姿勢と愛情を持ってワイン造りに取り組んでいる。 

【畑について】
栽培:ビオロジック、ビオディナミ(2014年~) ※2014年に増やした2区画以外の全ての畑でビオロジック、ビオディナミの手法を適用。将来は、全区画ビオディナミに移行予定。
認証機関:カリテ・フランス(2011年)
土壌:粘土、鉄、石灰、花崗岩
堆肥:ビオの堆肥を購入、今後できれば自作したい

 【醸造について】
圧搾:水平式タンク
醗酵:琺瑯、木製タンク
熟成:琺瑯、木製タンク

   
前の記事:
Domaine Sylvain Pataille
次の記事:
Vincent Dureuil-Janthial

PAGE TOP ↑