*

Terroirs Bogus
 テロワール・ボーギュス 

ワイナリー名 Terroirs Bogus
テロワール・ボーギュス
創業年 2011年
         
国・地域 チリ ・ バルパライソ
地区/村 マルガ・マルガ、キルプエ
代表者 Christophe Beau
クリストフ・ボー
畑面積 1.5 ha
主要品種 パイス(Pais)
シャルドネ (Chardonnay)
平均生産量 7000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 オーナーのクリストフ・ボーは、南仏のピクサンルーで長年ナチュラルワインを造ってきた。ルネサンス・デ・アペラシオンにも初期から参加しており、彼のチリへの取り組みは1980年代に始まった。NGOの活動として農業の実態調査と助言の為にやってきたのが最初で、ワインを造るようになったのは2011年からのこと。
 2014年までは、現地の友人(ワイナリー経営者)の畑とセラーを間借りして、栽培醸造を行っていた。場所は、サンティアゴとヴィーニャ・デル・マールの間に位置する山間部。森に囲まれた、ほとんど雨の降らない地域である。また森の残っている地域のため鳥害や虫害が甚大であり、買いブドウで醸造をしなければならないこともある。
 2014年11月に建てた新しい醸造所は、エコ・アーキテクト(エコ建築)という考えに則っている。使用されているのは、土と藁と木のみであり、簡素ながら素晴らしいセラーである。現在は未入荷だが、牛の皮の醗酵袋で醸造を行っているキュヴェもあり、とてもユニーク。年に数ヶ月分は南仏のワイナリーへ醸造などのために帰り、本格的なチリ暮らしは、2015年からのこと。新しくパイスを植えたが、理想は他の果樹も育てながら、少量のワインを造って行きたいと話している。

【畑について】
栽培: ビオディナミ
土壌:花崗岩

【醸造について】
圧搾: 垂直式プレス
醗酵:甕(1,000L)、バリック
熟成:甕(1,000L)、バリック

   
 

取扱いワイン

       
前の記事:
La ferme du vert
次の記事:
Esencia Rural 

PAGE TOP ↑