*

La Porta di Vertine
 ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ 

ワイナリー名 La Porta di Vertine
ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ
創業年 2006年
         
国・地域 イタリア ・ トスカーナ
地区/村 ガイオーレ・イン・キアンティ
代表者 Giacomo Mastretta
ジャコモ・マストレッタ
畑面積 11 ha
主要品種 サンジョヴェーゼ (Sangiovese)
平均生産量 35,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネの歴史は、2006年に、ダンとエレンのルゴシュ夫妻が、ヴェルティーネに位置するほぼ完璧な円形競技場型のブドウ畑を購入したことから始まった。ヴェルティーネは、キアンティ・クラッシコのエリアを構成するガイオーレ地区に昔からある、ごく小さな小部落である。

 ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネの管理人かつ醸造家であるジャコモ・マストレッタは、農学者ルッジェーロ・マッツィーリ博士ともに、「偉大なワインは最小限の介入しか必要としない畑からうまれる」ということを最も重要な前提としており、”less is more”(手出しは最小限に)という哲学をブドウ畑とセラーにおいて実践することに、情熱を持って献身している。マッツィーリ博士の指導のもとで、すべての畑で栽培をビオロジック農法に転換した。オウナーと醸造家の主な興味は、複雑さと熟成能力に長けている畑と土壌を選別しながら、サンジョヴェーゼの個性を探求すること。サンジョヴェーゼこそテロワールの代弁者であり、畑の特殊な特徴をワインに投影できると考えているため、畑のほとんどにトスカーナの土着品種サンジョヴェーゼを植えている。

 特筆すべきは、最初の2ヴィンテッジ2006年と2007年に、ジューリオ・ガンベッリを醸造コンサルタントとして迎えるという幸運に恵まれたこと。いうまでもなく、ジューリオはこの50年間に様々な偉業を達成し、常に忠実な信頼を保ち続けたサンジョヴェーゼの伝説的な代弁者である。

 ジャコモはカンティーナにおいて、アイデンティティと素性を強調し、ブドウがより最大限の表現をできるように、干渉的ではない厳格なポリシーを実行に移している。最小限の技術的な寄与は、単なる手段とみなされ、決して目的にはなり得ない。ブドウの性格を覆い隠しうるものは、なんであれ注意深く避けている。また、ヴィンテッジごとの違いは全面的に尊重され、歓迎されている。やせた土地に根付いたブドウ樹を慎重に管理した結果、健全なブドウの収穫に自然と寄与するので、カンティーナでの手直しは余計なものだと強く確信している。

出会い:
 ヴィニタリーに2012年新設された、“Vi.Vi.T.”「ヴィヴィット」という画期的な自然派ワイナリー専用ルーム。会場入り口の真上にあたる大きなスペースを使い、各ワイナリーがお揃いの簡素な木製ブースを並べているなかで出会ったキアンティ・クラッシコが、ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネです。

「標高の高さに由来する、味わいの底にある冷涼感があり、酸が瑞々しく心地よい。石灰岩(shale 頁岩)がひしめく土壌からミネラルに富んだ味わいが生まれ、サンジョヴェーゼらしい果実味が美しく広がる。素晴らしく優美で、かつ土っぽさがあり、タニックな骨格は筋肉質だが、香と味わいの中に繊細な花のような印象がある」―― これは、プレスによる評価ですが、実際このとおりの味わいで、これほど上質なサンジョヴェーゼは滅多にお目にかかることがありません(往時のモンテヴェルティーネを思い起こさせます)。 (合田泰子)

【畑について
栽培:厳密な有機農法
土壌:石灰岩

【醸造について】
醗酵:セメントの醗酵槽(1,000L~10,000L)
熟成:スラヴォニアン・オーク樽(2,500L)、トノー(500L)、バリック

   
前の記事:
Case Basse
次の記事:
Casale

PAGE TOP ↑