*

Eva Fricke
  エファ・フリッケ 

ワイナリー名 Eva Fricke
エファ・フリッケ
創業年 2008年
         
国・地域 ラインガウ ・ ドイツ
地区/村 キードリッヒ
代表者 Eva Fricke
エファ・フリッケ
畑面積 6.2 ha
主要品種 シュペートブルグンダー(Spätburgunder)
リースリング (Riesling)
平均生産量 32,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 エファ・フリッケはブレーメン生まれの北ドイツ育ちで、栽培醸造を大学で学んだ後、イタリア、スペイン、オーストラリアで数多くの滞在研修の後ラインガウに居を移し、J.B.ベッカー醸造所に就職した。2004年からはラインガウのヨゼフ・ライツ醸造所に勤め、2011年8月までフルタイムの経営主任として活躍していたが、2004年には独立して醸造所を設立することを決意した。目標を実現するために、仕事の傍ら2006年にラインガウのオストリッヒ・ヴィンケルにあるヨーロッパビジネススクールの経営学集中コースに通った。そして2006年には自分のワインを初リリース。2008年5月にはケーターホフから現在のエファ・フリッケ醸造所のあるキートリッヒに居を移した。2011年9月にはキートリッヒとロルヒにある自分の醸造所に専念する為、ライツ醸造所を退職した。

 自社畑は2012年には4ha。2013年には新しく畑をロルヒ(0.24ha)に購入し、クローネ(0.25ha)で新しく苗木を植えた。2013年からは所有している6.2haの内5haから収穫している。ロルヒの古くからある急斜面でリースリングだけを栽培しており、中には樹齢45年になる古木も所有する。ワインは主に粉砕スレート粘板岩と珪岩からなる非常にミネラル豊富な土壌に特徴づけられる。

【畑について】
栽培:オーガニック
土壌:粉砕スレート粘板岩、珪岩

【醸造について】
圧搾:主に空気圧式プレス
醗酵:ステンレスタンク(200L~4,000L)
熟成:ステンレスタンク(200L~4,000L)

   
前の記事:
La Sorga
次の記事:
Domaine Gauby

PAGE TOP ↑