*

Enderle&Moll
  エンデルレ・ウント・モル 

ワイナリー名 Enderle&Moll
エンデルレ・ウント・モル
創業年 2007年
         
国・地域 バーデン ・ ドイツ
地区/村 ミュンホヴァイアー
代表者 Sven Enderle & Florian Moll
スヴェン・エンデルレ&フロリアン・モル
畑面積 2.1 ha
主要品種 グラウブルグンダー (Grauburgunder)
ピノ・ノワール (Pinot Noir)
平均生産量 12,000~15,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 2007年にスヴェン・エンデルレとフロリアン・モルの2人が設立。2人が知り合ったのは2003年から2005年までカイザーシュトゥールの醸造学校に通っていた時のことだった。スヴェンがオバーロットヴァイルのベルヒャー・シュミット醸造所で研修している間、フロリアンはベッツィンゲンのヘッフリン醸造所で研修をしている(どちらもカイザーシュトゥールの生産者)。
 醸造学校を卒業後、スヴェンはケンツィンゲン・ボンバッハにあるビオの醸造所Dr.ベンツに就職し、畑での仕事を任された。一方フロリアンは、2005年の秋に南フランスのシャトー・ドゥヴィヴィエで醸造に携わる。この時期にお互い偶然にビオディナミを用いたブドウ栽培を知る。2006年にはスヴェンがミュンヒヴァイアーの上手にある小さな手入れの行き届いたブドウ畑を借りる機会を得、それが今日まで続くエンデルレウントモル醸造所の出発点となった。そして1年間考えた後に、2人は2007年の始めに冒険に挑むこと、つまり自分達の小さな醸造所を設立することを決意した。2009年には、2008年の11月末に手作業で瓶詰した初リリースとなる『ピノ・ノワール2007』が初めて発売され、続いてスパークリングのセッコ2008(注:ワインに炭酸を添加した手軽な発泡性ワインをドイツでは『セッコ』と呼ぶ)とミュラートゥルガウ2008が続いた。現在畑面積は2haほどに増え、今後は6haほどまでに徐々に増やしていく予定。

 2人が目指すワインは没個性的な、量産型のワインではなく、それぞれの畑とそれぞれの土壌の特性を生かすことで、個性に満ちた『自分達の』ワインを造るということ。例えば赤ワインは、醸造過程で清澄や、フィルター濾過、ポンプの使用を行わず、中古のバリック樽で12~15ヵ月間熟成している間も、澱引きしたり移し替えたりしないことにしている。こうすることで、それぞれのブドウ畑の異なった気候条件を含む立地条件を、できるかぎり直接的にワインの中に表現することを目指している。

【畑について】
栽培:ビオロジック
土壌:雑色砂岩土壌、石灰岩土壌
堆肥:ロバの糞から自分達で作ったものと、天然原料のビオロジックに基づき作られた既成肥料を併用(化学肥料、合成肥料は使用していない)。

【醸造について】
圧搾:垂直型プレス
醗酵:プラスティック容器(200~1,500L)
熟成:ステンレスタンク、木樽

   
前の記事:
Château Mirebeau
次の記事:
Château La Tour Figeac

PAGE TOP ↑