*

Domaine Chapoton
 ドメーヌ・シャポトン  

ワイナリー名 Domaine Chapoton
ドメーヌ・シャポトン
創業年
         
国・地域 フランス ・ ローヌ
地区/村 ロシュギュード
代表者 Serge REMUSAN
セルジュ・ルミュザン
畑面積 32 ha
主要品種 グルナッシュ (Grenache)
シラー(Syrah)
平均生産量 50,000本/年
生産者プロファイル

南仏ナチュラルワインの先駆者で伝説的なエノロゴ、ヤン・ロエルが監修したドメーヌ。当主のルミュザン家は、風光明媚で名高いロシュギュード村周辺で1665年に遡るワイン造りの歴史を持つ。約32haの自社畑で、1998年よりリュットレゾネ栽培を開始した。ヤン・ロエルは病のため惜しまれつつ2007年に引退したが、その名を世界的に知らしめたワイン「ル・レッド・ピフ」は、このドメーヌの下で生産された。ドメーヌの所有区画のうち、特に優れた砂利混じりの粘土石灰質土壌、約5haから樹齢30年以上のグルナッシュとシラーで生まれるこのワインは、しなやかで密度ある味わいと、陽気で躍動感ある果実味を持つ。収量は35hl/ha前後,亜硫酸添加も瓶詰め時のみ30mg/Lだけ。ちなみにロシュギュード村のワインは、ローマ時代に既に高く評価され、アメリカ第三代大統領トーマス・ジェファーソンもこの地のワインを購入した記録が残っている。

   
 

取扱いワイン

       
前の記事:
Clos de la Bonnette 
次の記事:
Gilles Azzoni

PAGE TOP ↑