*

Clotaire Michal
 クロテール・ミシャール 

ワイナリー名 Clotaire Michal
クロテール・ミシャール
創業年 2013年
         
国・地域 フランス ・ ブルゴーニュ
地区/村 ボジョレ/サン・テティエンヌ・ラ・ヴァレンヌ
代表者 Clotaire Michal
クロテール・ミシャール
畑面積 3.2 ha
主要品種 ガメ (Gamay)
平均生産量 12,000~15,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 クロテール・ミシャルは、ヴィニュロンの家系ではなかったが、15歳の頃からワインに興味を持ち始めこの世界に入った。5年間ソムリエとして働いた後、2003年から4年間モンペリエのクロ・マリで働き、2007年に醸造学校でワイン造りを学んだ。2008年にティエリー・アルマンと出会い、彼の元で働きながら、2008年、2012年に自身のワイン「Saint Joseph」を造る。

 そして2013年12月、AOPボジョレーに3.2haの畑を得て自身のドメーヌを創業。「できるだけ介入をせず、畑や醸造中の過程を良く観察し、熱心に仕事をすること」をモットーとし、日々ワイン造りに取り組んでいる。

 出会い:
 私は、2009年の秋に、急峻な畑で働くクロテールに初めて会いました。大変もの静かな人で、あまり多くを語らず、いつももくもくと働いています。コルナスの中でも最も斜度のきつい、ティエリー・アルマンの畑で働くことは、本当に重労働です。ハートが熱く、自らも最も働くティエリーのもとで多くを学んだ、クロテールはこれからが楽しみです。 (合田泰子)

 【畑について】
栽培:ビオロジックの方針に基づいて行っている。認証はあえて取得していない。
土壌:砂、花崗岩

 【醸造について】
圧搾:古いブルゴーニュ産垂直式プレス
醗酵:ガラスファイバータンク(3,000L×1ヶ、5,000L×2ヶ)、琺瑯タンク(5,800L)
熟成:ガラスファイバータンク(5,000L×1ヶ)、オーク樽

   
 

取扱いワイン



       
前の記事:
Ignaz Niedrist
次の記事:
Agricola Luyt Limitada

PAGE TOP ↑