*

Château Mirebeau
 シャトー・ミルボー 

ワイナリー名 Château Mirebeau
シャトー・ミルボー
創業年 1996年
         
国・地域 フランス ・ ボルドー
地区/村 ぺサック
代表者 Florence & Cyril DUBREY 
フローランス&シリル・デュブレイ
畑面積 4 ha
主要品種 ソーヴィニョン・ブラン(Sauvignon Blanc)
メルロ(Merlot)
平均生産量 12,000~17,000本/年
生産者プロファイル

【ドメーヌについて】
 AOCGravesのChateau d‘Ardennesのオーナー、デュブレイ夫妻が1996年に購入。17世紀に建てられた家を囲むように広がる4.28haのブドウ畑からはガロンヌを見渡せ、かの有名小説家アレキサンドル・デュマの娘オルガはそこからの絶景に魅了されたという話もある。1900年代はじめのシャトー・ミルボーはボルドーのグラン・ヴァンのひとつに数えられるほど人気があり、当時高値で取引されていた。現オーナーのデュブレイ夫妻は1世前の人気を蘇らせるために努力を続け、2005年にはビオディナミ農法を取り入れた。
 平均樹齢30~35年、標高38~40m 北向き。Mirebeauは遠くを見る(Voir loin)という意味を持ち、畑からは8km先のガローヌ河を見ることができます。

 【畑について】
栽培:ビオディナミ
土壌:砂利と粘土の土壌に一部石灰を含む。 

【醸造について】
醗酵:ステンレスタンク(約3週間、期間中毎日ルモンタージュ)
マセラシオン:ステンレスタンク(4-6日間12℃) ML発酵もステンレスタンク。
熟成:樽(毎年1/3づつ新樽に交換、熟成期間は約12ヶ月)

   
前の記事:
Rinklin
次の記事:
Enderle&Moll

PAGE TOP ↑